日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り・せいや、実は変態キャラ?

壇蜜と“交際疑惑”の霜降り明星・せいや、実はかなりの変態キャラ?

霜降り明星・せいや(@seiya_shimofuri)のインスタグラム より

 霜降り明星のせいやが5月31日放送の『霜降り明星のオールナイトニッポンZERO』(ニッポン放送)において、壇蜜との交際を週刊誌に直撃されたと話し、話題になっている。

 せいやは、自宅へ戻るときに週刊誌の直撃を受け、相方の粗品が何かやらかしたのではと不安になったという。実際は、自身への直撃で「壇蜜さんと付き合っていますよね?」と問われ、驚いたようだ。

 せいやは同11日に、偶然その場を通りかかった壇蜜とともに、ブロック塀に頭をぶつけて倒れていた男性を救助し、その後、近くのスーパーまで壇蜜を送った。その数十メートルの2ショットが誰かに目撃されたのではと背景を推察。交際は「まったく事実ではない」と否定した。

 せいやといえば、相方の粗品に比べて、天性のボケキャラと、ずんぐりむっくりな体型のイメージも相まって「童貞キャラ」風であるが、実はかなりの肉食系として知られている。

「『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)優勝時は、外科の女医と交際していたようですし、その前に出演した『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)では、SMの女王様をしているファンの女性とのプレイの様子を話、MVSを獲得しています。ホテルで相手は『お前を見ているとイジメたくなる』と強気な態度を示すも、めちゃくちゃせいやのファンだったようで仕事やライブの名前を叫びながら、体のあちこちをつねってきたようです。ただ、肝心のエッチはできずじまい。ふて寝して起きると、相手の足を舐めたせいで、ばい菌が喉に入り、パンパンに腫れていたというオチもつけました」(業界関係者)

 まさに霜降り明星のネタのような、ハイスピードな小ネタのオンパレードといったトークであろう。

「霜降り明星は、粗品のギャンブル好きの無頼派キャラが注目されていますが、せいやも相当な変わり者だといえるでしょう。『実は相方の方が○○』といったエピソードはテレビ受けもしそうですね。今後はせいやの変態、肉食系キャラがさらに注目されていくかもしれません」(同)

 東京進出後も次々と結果を残している霜降り明星は、まさにプライベートにおいても「ネタの宝庫」といえるかもしれない。

(文=平田宏利)

最終更新:2019/06/06 22:30
こんな記事も読まれています

壇蜜と“交際疑惑”の霜降り明星・せいや、実はかなりの変態キャラ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真