日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り明星せいやの“ゴリ押し”開始!?

霜降り明星・せいやの『すべらない話』の「MVS」獲得はシナリオ通りか……吉本の“ゴリ押し”が始まる!?

吉本興業公式サイトより

 1月20日放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・霜降り明星のボケ担当・せいやがMVS(Most Valuable すべらない話)を獲得した。初登場のせいやの快挙について、お笑い業界関係者はこう話す。

「ここ最近、吉本は霜降り明星をプッシュしていますからね。そもそも、せいやが『すべらない話』に出ること自体が大抜擢といえますが、そこでMVSを取るというのも、なんというか“シナリオ通り”な感じです。吉本のプッシュが、うまいことハマりましたよ」

 霜降り明星は、2013年に結成。フジテレビが次世代にブレークしそうな若手芸人を発掘する番組『新しい波24』にレギュラー出演し、さらにその後継番組である『AI-TV』にも出演中。昨年7月の『第38回ABCお笑いグランプリ』では優勝している。

「ツッコミ担当の粗品は、ピン芸人としても活躍していて、その才能は、かなり早い段階で認められていました。せいやの方も、体を使ったボケと誰からも愛されるキャラクターで人気です。しかも、2人とも性格がいいんですよ。大阪吉本の若手だと、大して結果を出していなくても、ものすごくトガッている芸人さんが多くて、仕事をしていて面倒くさいことも多いです。その点、霜降り明星の2人は、すごく謙虚で人当たりもいい。さらに実力もあるんだから、吉本がプッシュしたくなるのもわかりますね」(放送作家)

 これまで吉本興業は、“売りたい若手芸人”を多くのバラエティー番組に出演させ、ネットなどで「ゴリ押しだ」と批判されることも多かった。しかし、霜降り明星の場合は、そこまで強引なプッシュはしていないようだ。

「大阪では、かなり出番も増えていますが、東京ではまだまだといった感じ。現状ではあくまでも『AI-TV』がメインのようで、そのほかの番組については、いわゆる“ゴリ押し”も、それほどではないようです。ただ、ちょっと違和感を覚えたのは、去年12月の『M-1グランプリ』でしたね。番組の冒頭で、敗者復活戦に出ていた芸人たちと中継をつないだんですが、そのときに、なぜだか霜降り明星にコメントを求めたんですよ。霜降り明星は敗者復活でもあまりウケていなかったし、わざわざ絡む必要性はまったくなかったのに……という感じでした。どうやら完全に台本通りの流れだったようで、吉本のプッシュがあったなと感じる瞬間でした」(同)

 今回、せいやが『すべらない話』で大活躍したことで、流れも変わりそう。

「全国区の番組で結果を出したので、吉本としても、いろんな番組にブッキングする理由ができたと判断するでしょう。つまり、これから“ゴリ押し”が始まるかもしれませんね」(同)

 今年は、バラエティー番組で活躍する霜降り明星を、幾度となく目にすることとなりそうだ。

最終更新:2018/01/28 18:00
こんな記事も読まれています

霜降り明星・せいやの『すべらない話』の「MVS」獲得はシナリオ通りか……吉本の“ゴリ押し”が始まる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真