日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 倖田來未、メイクに疑問の声

倖田來未、オンオフの切り替えメイク披露もネット上からは戸惑いの声「違いがわからない」「どこがナチュラル?」

インスタグラム:倖田來未(@kodakumi_official)より

 倖田來未がインスタグラムで公開したメイク写真が話題を呼んでいる。

 倖田は3日にインスタグラムを更新し、「本日はstringsのrecordingでした!弦の音ってほんと感動しちゃう」とコメントし、レコーディングがあったことを報告。自撮り写真を2枚と、スタジオに佇んでいる自身の写真を公開した。

 さらに倖田はハッシュタグで「髪の毛の色を ダークシルバーにした 唇の色合わせてみた」「けど 子供迎えに行くんで ベージュに 戻しました」と明かし、プライベートと仕事の“オンオフ”として、「倖田來未の場合 黒め」「母の場合 ナチュラルめ」と明かし、最後には「倖田來未あるある」と結んでいた。

 オンとオフを分ける倖田のセンスにファンからは、「クールビューティー!」「どっちのモードもすごく美しいです!」という声が集まっていた。

 しかし、一方でネット上からは、「違いがわからない」「どこがナチュラル?」「わざわざ変えてるってほど違いないでしょ」「アングル変えただけに見える」といった厳しい声が噴出してしまった。

 どちらも濃いめのメイクに見えるということもあり、戸惑うネットユーザーが続出してしまったようだ。

最終更新:2019/06/07 17:52
こんな記事も読まれています
関連キーワード

倖田來未、オンオフの切り替えメイク披露もネット上からは戸惑いの声「違いがわからない」「どこがナチュラル?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真