日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 楽しんごがドメイン取って闇営業

闇営業トラブルの楽しんご、公式サイト作り「3時間パック=40万円」と宣伝していた!

楽しんご

 お笑い芸人で整体師としても活動する楽しんごが、闇営業をキャンセルになった際に営業補償を請求したとの報道に対し、「そっちからオファーしといてキャンセル? 営業補償請求当たり前だろーが馬鹿!」と吠えた。

 昨年から飲食店経営者でもある渋谷りゅうきとのコンビ「おいなりさん」として活動していたものの、今年3月に吉本興業を契約解除となった楽しんご。10日の「週刊女性プライム」は、ペット系イベントの闇営業がスケジュール仮押さえの状態でキャンセルになった際、楽しんごが「ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え」と依頼者に迫ったと報じた。

 記事では、このトラブルが吉本興業に伝わったことで、事務所を去ることになったと伝えているが、楽しんごはこの記事を受け「最初から吉本所属って!分かってんなら 僕じゃなく吉本に連絡するのが筋だろーが! そっちからオファーしといてキャンセル?営業補償請求当たり前だろーが馬鹿!」と正当性を主張。「僕の日にち抑えておいて! 何故か社長さんから社内のLINE@にたらい回しにされてキャンセル? マジ! この会社有り得ないと思いました。」と依頼者を批判している。

「近年の楽しんごは、もはや闇営業しかしていない状態でしたから、闇営業の是非なんかは素っ飛ばしたところにいるようです。ちなみに、昨年12月に都内で開かれた坂口杏里のイベントにも出演していましたが、これも事務所を通していたかどうか……」(お笑い関係者)

 闇営業といえば、事務所に隠れてコソコソと行うのが普通だが、楽しんごのそれは実に堂々としたものだった。例えば、昨年まで行っていた出張営業サービス「出張行きましんご」。楽しんごは「http://ikimashingo.com」(現在はアクセス不可)というドメインを取得し、SNSやYouTubeからリンクを貼り、出張サービスを宣伝。整体師としての活動かと思いきや、「ネタやトークショー」60分、「一緒に食事など」60分、「マッサージ」60分の計3時間パックで40万円という商品を販売しており、その実態は闇営業であった。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真