日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > カラテカ入江解雇で危険芸人排除

カラテカ入江解雇で「グレー芸人」排除の流れへ……コンプライアンス遵守芸人としてEXIT、粗品にオファー集中か!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

カラテカ入江慎也

  振り込め詐欺グループの忘年会での闇営業を仲介していたとして吉本興業に解雇されたカラテカ入江慎也。入江以外の忘年会に出席していた芸人たちは厳重注意という形での処分にとどまっているが、少しずつ影響が出ているようだ。

「忘年会に出席していた芸人のうち、雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮については、現時点では出演番組などのキャンセルもない状態。しかし、反社会勢力との交流ということではイメージが悪く、今後スポンサーサイドからの出演NGや差し替え要請が出てくる可能性はゼロではありません。また、同じく忘年会に出席していたガリットチュウ福島善成は、予定されていたJ2の愛媛対柏戦へのゲスト出演が急遽中止となっており、今後こういった形の仕事のキャンセルは相次ぐと思います」(芸能事務所関係者)

 出演者の不祥事の発覚で、番組内容が差し替わるようなケースも多い昨今。テレビ局サイドとしては、リスクがあるグレーな芸人を使いにくい状況となってきた。
「少しでもスキャンダルの可能性が低い芸人こそを使いたいというのが、テレビ局側の本音でしょう。反社会勢力との付き合いがある芸人はもちろんですが、女性関係が派手な芸人も使いづらい。清廉潔白で真面目な芸人にこそオファーが集中しそうです」(テレビ局関係者)

 そんななか、“コンプライアンス遵守芸人”として注目されているのが、チャラ男漫才のEXITだ。

「EXITの2人は、ともに元相方が不祥事を起こして、コンビを解散しているという過去を持っています。だからこそ、今後はそういったことがないようにと、とにかく真面目で、プライベートの素行も良いとのこと。見た目のチャラさと中身の真面目さのギャップもイジれるし、そのうえ本当にスキャンダルの可能性が低いしで、テレビ局としてはとても助かる存在でしょう」(同)

 また、女性スキャンダルの可能性が低いという意味では、霜降り明星・粗品も信頼をされている。

「粗品は、いわゆるカントン包茎で、行為に及ぼうとすると激痛を伴うがゆえに童貞なのだそうです。当然、女遊びもまったくしておらず、スキャンダルの心配はない。しかも、M-1とR-1の二冠なわけですから、バラエティー制作サイドとしては、こんなにありがたい芸人はいませんよ」(同)

 そのほかにも、サンドウィッチマンに対する信頼も絶大なるものとなっている。

「サンドウィッチマンはとにかく家族思いで、コンビ仲が良いということで好感度も高い。スキャンダルめいたウワサも聞いたことがないし、悪口も聞いたことがない。安全安心のサンドウィッチマンといったイメージですね。一方、ちょっと前までは好感度が高かった博多大吉は、赤江珠緒アナとの添い寝デート報道以来、風向きが変わっています。大吉さんをあまり良く思っていない後輩芸人が、いろんな噂を流して足を引っ張ろうとする動きもあって、ちょっとした“リスク芸人”というイメージも否めません」(同)

 かつてであれば、芸人に多少のスキャンダルはつきものだったが、今はもうそういった時代ではないようだ。真面目な芸人こそが生き残る時代となったのだ。

最終更新:2019/06/12 17:50

カラテカ入江解雇で「グレー芸人」排除の流れへ……コンプライアンス遵守芸人としてEXIT、粗品にオファー集中か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真