日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 水卜麻美、水卜会減少で激太りへ


水卜麻美、業界人が選ぶ好きな女子アナで頂点も……同僚らとの『水卜会』減少で”激太り”の懸念

日本テレビ・アナウンサールームより

 コトある事にフリーアナウンサー転身のウワサが出ている日本テレビの水卜麻美アナウンサーが業界内での人気の高さを示した。写真週刊誌「FLASH」(光文社)5月28日号が、テレビマンたちが本気で査定した、局ごとの女子アナの「人気ランキング」を公表。水卜アナは市來玲奈、岩本乃蒼や岩田絵里奈アナウンサーらを抑えて、堂々の1位を獲得。業界内でも好感度の良さをうかがわせた。

 テレビ局関係者は「飾らない食べっぷりもあって、オリコンが発表している『好きな女性アナウンサーランキング』で5連覇を達成するなど、視聴者からの支持があることは知られています。ところが今回、それに加えて、実際に仕事を一緒にしたことのある業界人からもこういった高評価をされるということは、やはり人徳や人望、誠実さがあってこそではないでしょうか」と解説する。

 いまや日本テレビのエースアナに君臨して朝の顔として情報番組『スッキリ』のMCをこなすほか、今年も8月24~25日に放送されるチャリティー番組『24時間テレビ42 人と人 ~ともに新たな時代へ~』で嵐と総合司会を務める。

 そんな水卜アナだが「社内では和気あいあいとした空気を出していて慕われていますよ。後輩の指導にも定評があり、6月1日付の人事で平社員から副主任へと昇格したこともあり、責任も増しました。本人はフリーになることは全く考えていないようで、しばらく日本テレビを支えていくことになりそうです。ただ一つ、局内で心配されていることといえば、エースとなり多忙を極め、朝の早い『スッキリ』の担当になってからというもの、徳島えりかアナ、杉野真実アナらで構成する『水卜会』の活動が減少してしまった。同僚とおいしいものを食べにいく機会もなく、ストレスがたまってるのではないかと懸念されていますよ」(同)

 昇進して責任も仕事も増えているだけに、ストレスによる、”激太り”が心配されるところだ。

最終更新:2019/06/24 16:33
こんな記事も読まれています

水卜麻美、業界人が選ぶ好きな女子アナで頂点も……同僚らとの『水卜会』減少で”激太り”の懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真