日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > JUMP台湾ライブ開催にファン激怒!

Hey!Say!JUMP、10月台湾ライブ開催を発表! 国内ファンから「海外のマナーの悪さは黙認?」「会費返せ!」と批判殺到

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

Hey!Say!JUMP

 先日、一部ファンのマナーの悪さからアリーナツアー中止を発表したHey!Say!JUMP。損な彼らが6月14日、今年10月に台湾公演開催することを発表した。

 14日朝、JUMPのメンバーである山田涼介、知念侑李、中島裕翔、薮宏太の4人が台湾の松山空港に到着し、午後に会見を実施。そこで、10月5・6日に台北アリーナにて、台湾ライブを開催することを発表した。

 日本国内でのアリーナツアーが中止となったJUMPだけに、海外であるが、ライブが開催されるとあって、国内のファンからは「おめでとう」という声が上がっているが、その反面、不満の方が多く聞こえているという。

「アリーナツアーが一部のファンのマナーの悪さで中止になったばかり。それで台湾でライブという形にファンからは『ありえない』『素直に喜べない』『海外のマナーの悪さは黙認?』と反発や批判の声が殺到中です。ここまで批判がくるのも、実は台湾のファンのマナーも結構悪い。一般人に迷惑がかかるからと、事務所側から止められている空港での出待ちを毎回してますし。それを考えたら、国内の一部の過激ファンのせいでツアーが中止になるのはおかしいという声が上がるのも仕方ないかと……」(アイドル誌ライター)

 海外でのライブだけにめでたい反面、「なぜアリーナツアーが中止なの?」という気持ちが強くなっているJUMPファン。そんな声が殺到する一方で、こんな批判も上がっているようだ。

「ファンクラブに入っているファンからは『日本のファンをバカにしている』『ファンクラブ年会費を返せ』という怒号がSNSに飛び交っています。みな、年5,000円程度の金額を払ってコンサートチケット抽選に応募している。5,000円という金額は安く思うかも知れませんが、若いJUMPファンにとっては結構な負担です。それを考えると、今年は国内アリーナツアーが中止なのに、台湾でライブ。いけないファンがほとんどでしょうし……。j国内のファンが怒りたくなる気持ちもわかりますよ」(ジャニーズファン)

 嬉しいライブ開催発表のはずが、ファンにとってはこれまでの不満が爆発してしまう。そんな発表となってしまったようだ。

最終更新:2019/06/14 17:45

Hey!Say!JUMP、10月台湾ライブ開催を発表! 国内ファンから「海外のマナーの悪さは黙認?」「会費返せ!」と批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真