日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『特捜9』内紛にV6井ノ原困惑

寺尾聰卒業の裏で内紛?『特捜9』主要キャストの“抗議行動”に、V6・井ノ原も困惑

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

テレビ朝日公式ホームページより

 チームワークの良さが高視聴率につながっているように見えたが……。

 6月19日に放送されたV6・井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9 season2』(テレビ朝日系、以下『特捜9』)第10話の平均視聴率が12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回から全て2桁超えを続けているが、26日放送の最終回では寺尾聰が演じる班長・宗方朔太郎が、特捜班を去ることが明らかになった。

「同ドラマの前身だった『警視庁捜査一課9係』で主演していた渡瀬恒彦が17年になくなり、彼の代わりを務めたのが寺尾。昨年放送されたseason1で特捜班を立ち上げ、班長を務めることになった。ドラマではみずから主任に指名した直樹(井ノ原)の成長を見守り続け、今回、主任としての成長を実感した宗方は彼に後を託すために、最後の決意を固めるという展開でした」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「寺尾さんだからこそ、渡瀬恒彦さんの後も楽しく見られた」「寺尾さんが卒業だなんて。涙無しでは見られない」との声で溢れ、最終回では自己最高視聴率を記録しそうな雰囲気となっている。

 そんななか、6月20日発売の「女性セブン」(小学館)が<『特捜9』の14年目の確執現場>との見出しで、きな臭い舞台裏を報じている。

「season1では『9係』の1作目からメガホンをとってきた大御所の監督2人がリストラされたそうで、代わりに入った監督のやり方に合わず、俳優陣から不満の声が上がっていた。そこにきて、主要キャストの津田寛治が打ち上げを欠席。打ち上げはこれまで誰も休んだことがなく、津田がスタッフに『このシリーズがここまで続いてきたのは、前作までの監督の力が大きい』と語っていたことから、テレ朝への抗議行動だと目されています。これには井ノ原も困惑しきりだったとか」(週刊誌記者)

 となれば、ひょっとすると寺尾の番組卒業は抗議行動だった可能性も?

 

最終更新:2019/06/22 17:58

寺尾聰卒業の裏で内紛?『特捜9』主要キャストの“抗議行動”に、V6・井ノ原も困惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真