日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 枡田絵理奈、金銭苦で炎上ブログ

枡田絵理奈、戦力外夫を支えるために炎上ブログ開設

枡田絵理奈公式インスタグラムより

 元TBSアナウンサーの“マスパン”こと、枡田絵理奈が6月28日、公式ブログを開設することを発表した。枡田は最初の投稿で、夫のプロ野球・広島東洋カープの堂林翔太と子どもたちとの家族写真を公開。同時に、ブログ開設のタイミングに意味はなく、全ての準備が整ったのが今だから始めたと説明するのだが……。

「ブログ開設は、今後の収入源の確保が目的でしょうね。桝田はプロ野球のシーズン中は夫の堂林をサポートするため、基本的に地元の広島で生活しており、在京キー局への出演を最小限に留めています。となると、その間は収入が減ってしまいます。加えて、現在は第3子を妊娠中。出産と育児で当面は芸能活動もできないため、収入が途絶えてしまいます。しかし、桝田がブログを開設したアメブロはランキング上位の人気になれば、月に数百万円の報酬を得ることも可能ですからね」(スポーツ紙記者)

 プロ野球選手の夫の収入があるにもかかわらず、ここまで桝田がシャカリキになって家計を助けようとするのは、肝心の堂林の置かれている状況が芳しくないからだ。今季の堂林はシーズン途中から2軍暮らしで、1軍復帰はなかなか難しそう。

「入団当初からカープのプリンスと誉れ高かった堂林ですが、入団10年目の現在も1軍に定着できていません。特に枡田との結婚以来、パッとしない成績が続いており、昨シーズンは3年ぶりに本塁打0本、打率も過去最低の数字に終わりました。いつ戦力外通告を受けてもおかしくない状況で、桝田も危機感を抱いているのでしょう。3人も子どもがいれば教育費など、これから出費がかさみますからね」(同)

 ブログでPV(アクセス数)を手っ取り早く稼ぐには、元モーニング娘。の辻希美のブログのように炎上するのが一番。辻はこの炎上商法で、月におよそ500万円を稼ぎ出すと言われる。桝田に、そんな“炎上職人”の素質はあるのか。

「意外にありそうです。桝田は出演番組で夫とのラブラブエピソードを披露することが多いですが、ブログでも“夫ネタ”が多くなるのでは。となると、堂林の低調な成績からして、批判のコメントが相次ぐと思います。出演番組で第3子の妊娠を明かしたときも、ネット上に『夜のバットは好調ですね』『嫁は妊娠ダンナは三振』といった心ない書き込みがありましたからね。また、彼女は自身のInstagramに手料理の画像を上げるのですが、ブログで同じようなことをやれば、目ざとい鬼女の格好のターゲットになりやすい。料理の画像を載せた辻のブログがたびたび炎上していることからも、それは一目瞭然。その意味では、桝田のブログには炎上ネタが転がっていそうです」(同)

 新たな炎上ブロガーの誕生なるか?

最終更新:2019/07/03 09:32
こんな記事も読まれています

枡田絵理奈アナ、広島カープの“戦力外”夫を支えるため「炎上ブログ」開設で狙う起死回生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真