日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 押切もえ、息子ピラティスに賛否

押切もえ、1歳の息子を抱えてピラティスする姿に賛否「写真のために抱っこ?」「何アピールなのか……」

インスタグラム:押切もえ(@moeoshikiri)より

 押切もえが自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

 押切は2001年に雑誌『CanCam』の専属モデルに抜擢され、蛯原友里、山田優と並ぶ人気モデルとしてブレイク。2016年にはプロ野球選手の涌井秀章と結婚し、現在は一児の母となっている。

 そんな押切が1日、「身体が重くなっていたので、ピラティスレッスンを。始まって5分間、離れたくなさそうだった息子を抱っこしたまま脚と腹筋の強化。10.7kgの負荷がかかって、いつもより鍛えられた気がします(笑)」とつづり、1歳の息子を抱っこしながらピラティスに励む姿を披露した。

 この投稿に対し、ファンからは「子供連れて行って良いところってなかなかないので、息子さんと一緒にトレーニング出来るなんて羨ましい」「素敵な写真になりましたね」といった声が多く寄せられた。

 しかし、その一方、ネット上からは「写真のために抱っこしたようにしか見えない」「子供を見せたくて仕方ない感じがする」「何アピールなのかわからない」といった厳しい声も多く寄せられていた。

 また、「子供を抱っこしながらというアピールは意味わからないけど、もえちゃんの努力はいつもすごいと思っている」といった意見も。疑問を抱く人が多かった一方で、モデルとしての意識の高さを認める人も少なくなかった。

最終更新:2019/07/08 05:59
こんな記事も読まれています

押切もえ、1歳の息子を抱えてピラティスする姿に賛否「写真のために抱っこ?」「何アピールなのか……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真