押切もえ、1歳の息子を抱えてピラティスする姿に賛否「写真のために抱っこ?」「何アピールなのか……」

2019/07/08 05:59

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
インスタグラム:押切もえ(@moeoshikiri)より

 押切もえが自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

 押切は2001年に雑誌『CanCam』の専属モデルに抜擢され、蛯原友里、山田優と並ぶ人気モデルとしてブレイク。2016年にはプロ野球選手の涌井秀章と結婚し、現在は一児の母となっている。

 そんな押切が1日、「身体が重くなっていたので、ピラティスレッスンを。始まって5分間、離れたくなさそうだった息子を抱っこしたまま脚と腹筋の強化。10.7kgの負荷がかかって、いつもより鍛えられた気がします(笑)」とつづり、1歳の息子を抱っこしながらピラティスに励む姿を披露した。

 この投稿に対し、ファンからは「子供連れて行って良いところってなかなかないので、息子さんと一緒にトレーニング出来るなんて羨ましい」「素敵な写真になりましたね」といった声が多く寄せられた。

 しかし、その一方、ネット上からは「写真のために抱っこしたようにしか見えない」「子供を見せたくて仕方ない感じがする」「何アピールなのかわからない」といった厳しい声も多く寄せられていた。

 また、「子供を抱っこしながらというアピールは意味わからないけど、もえちゃんの努力はいつもすごいと思っている」といった意見も。疑問を抱く人が多かった一方で、モデルとしての意識の高さを認める人も少なくなかった。

最終更新:2019/07/08 05:59

人気記事ランキング

続きを読む