日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 広瀬すず、戸田恵梨香と一触即発

広瀬すず、「関係者は戦々恐々と……」朝ドラ引き継ぎ式で、因縁の戸田恵梨香と一触即発

「なつぞら」公式インスタグラムより

 ORICON NEWSが恒例の『2019上半期ブレイク女優ランキング』を発表。1位には、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で出演中の広瀬すずが輝いた。

「今さら広瀬がブレイクと言われても違和感を覚えますが、朝ドラでの好演により支持層を拡大したのは間違いない。昨年の『NHK紅白』司会からの朝ドラ主演で、“おじさんでも顔と名前が一致する女優”へとステップアップしたということでしょう」(テレビ誌ライター)

 その『なつぞら』は依然として絶好調。7月5日に放送された第83回は平均視聴率22.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、6日放送の第84回が22.88%と高い数字をキープしている。

 しかし、7月8日発売の「週刊現代」(講談社)によると、終盤に近づくにつれ、NHK関係者は別の意味で緊張を強いられているという。

「次の朝ドラ『スカーレット』では戸田恵梨香が主演を務めます。戸田は17年10月に俳優の成田凌とのドライブデートを報じられ、熱愛が発覚。広瀬も成田と同年の元旦に熱愛をスクープされており、戸田との報道を受けて怒りを露わにしていたという話も出ていた。9月には朝ドラ恒例の『バトンタッチセレモニー』が行われ、新旧ヒロインがねぎらいの言葉を掛け合うのがお約束。メディアの手前、笑顔で対応するでしょうが、舞台裏では一触即発の不穏な空気になるのではと、関係者は戦々恐々となっているといいます」(スポーツ紙記者)

『なつぞら』が高視聴率だったことで、広瀬の2年連続の紅白司会も十分ありえる状況だ。

「戸田も何らかの形で出演し、2人の絡みもあるでしょうから、紅白がある年末まで、スタッフは胃が痛いかもしれませんね」(同)

 まずは「バトンタッチセレモニー」で、2人がどんな表情を見せるのか楽しみだ。

最終更新:2019/07/09 23:58

広瀬すず、「関係者は戦々恐々と……」朝ドラ引き継ぎ式で、因縁の戸田恵梨香と一触即発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真