日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 『万引き家族』松岡茉優艶シーン

松岡茉優、『万引き家族』の演技が地上波ノーカット放送で、お茶の間に”気まずい空気”の危機!

松岡茉優

 本当にノーカットで大丈夫?

 7月20日のフジテレビ土曜プレミアムにて、「第42回日本アカデミー賞」で最優秀作品賞など8冠に輝いた是枝裕和監督の『万引き家族』が、本編ノーカットで地上波初放送されることがわかった。

「同作は、昨年の『第71回カンヌ国際映画祭』で最高賞の『パルムドール』を受賞。『第91回アカデミー賞』の『外国語映画部門賞』にもノミネートされるなど、国内外で高評価を受けています。4月にDVDが発売されたばかりですが、是枝監督の新作映画が秋に公開予定となっていることから、その宣伝を兼ねて放送が決定したのでしょう」(映画ライター)

 その『万引き家族』の出演を機に、女優として大きくステップアップしたのが松岡茉優だ。中でも注目を浴びたのが彼女の「艶技」だった。

「海水浴のシーンではカラダを強調するような水着姿を披露しています。彼女のカラダには、共演したリリー・フランキーも『平成の名シーンでしたよ! 意外と(胸が)あるなと思った』と大絶賛したほど。その魅惑的な双丘目当てに、劇場を訪れた人も多かった」(映画ライター)

 そして、もう一つの見どころが、“夜の仕事”のシーン。映画の出演が決まった際に、松岡が役作りのため、東京・下町にある『制服コスプレ見学クラブ』に潜入を試みたというのは有名な話だ。

「松岡は本編で、服を脱いでアンダーウェアを見せるだけでなく、みずから太ももを露出。スカートのままM字開脚で腰を前後に動かすなど、際どいシーンに挑んでいます。映画のレビューでは『刺激的過ぎます』という書き込みで溢れたほどで、そんな艶シーンがノーカットでお茶の間に流れれば、家族で観ている人は気まずい空気に直面してしまうのではないでしょうか」(前出・映画ライター)

 本作は、PG12(12歳未満の鑑賞には、保護者の同伴が適当)指定がされていたことも付け加えておこう。

最終更新:2019/07/10 21:58
こんな記事も読まれています

松岡茉優、『万引き家族』の演技が地上波ノーカット放送で、お茶の間に”気まずい空気”の危機!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...…
写真