日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松岡茉優、一気に“嫌われ女優”に!?

松岡茉優“過失100%”の追突事故、過去に自転車で法律違反も……化けの皮剥がれ“新CM女王”終了へ!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

松岡茉優公式サイトより

 2月6日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、女優の松岡茉優が昨年、追突事故を起していたことを報じ、話題となっている。

 記事によると、松岡が事故を起こしたのは昨年11月12日のこと。夕方、プライベートで車を運転していた松岡だったが、虎ノ門の交差点に差し掛かった際に、信号待ちをしていた前の車に突っ込んでしまったという。

 完全に松岡の過失であるが、所属事務所はこれを公表せず。また、事故を起こしたことは広告代理店を通じ、CMのクライアントにも伝わったが、その後どうなったのかということに関しては連絡がなかったそうで、業界では「“相当な額の示談金を積んで口止めしたのでは?”というウワサが飛び交った」(原文ママ)ようだ。

 新潮の取材に対し、事務所は「示談ではなく通常の保険処理で済んだため発表は控えていた」(原文ママ)とし、「関係者の方々には真摯にお詫びさせて頂いております」と回答している。

 この件に対し、ネット上ではさまざまな意見が上がっている。

「記事では松岡さんは飲酒していなかったといい、さらに保険処理で済んでいたこともあり、『別に発表することではない』という意見がある一方で、事後の報告を代理店やクライアントにしなかった事務所の対応は最悪だという意見が殺到している状態。さすがに、事務所の対応はまずかったと思いますよ」(芸能記者)

 そんな中、松岡の素行の悪さを指摘する声も少なくないようで、

「松岡さんといえば、19歳のときに映画で共演した俳優の加治将樹さんとの熱愛がスクープされました。その際、掲載された写真の中に自転車を2人乗りしているカットがあったことで、内定していた公共機関のCMが白紙になったといわれています。そして、今回の追突事故。ネットでは『素行が悪すぎる』という声が強まっていますね」(同)

 また、過去に報道されたマネジャーからのパワハラ報道にも言及する声もあるようだ。


12

松岡茉優“過失100%”の追突事故、過去に自転車で法律違反も……化けの皮剥がれ“新CM女王”終了へ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真