日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 加藤浩次、会談をスッキリが忖度

加藤浩次、吉本興業上層部との対立を『スッキリ』が忖度? 一日伸びたことで運勢が激変のワケ

日本テレビ公式ホームページより

 吉本芸人の「闇営業問題」はよもやの「分裂危機」に発展しそうな勢いだ。

 7月22日に行われた吉本興業の岡本明彦社長の会見を観た加藤浩次は、翌23日の『スッキリ』(日本テレビ系)で不満と怒りをぶちまけ、改めて吉本の体制を批判。「今の社長、(大崎洋)会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める」と声を荒らげた。

「今や焦点は吉本の経営陣の進退に移っています。社長、会長が退けばダウンタウン・松本人志が辞め、逆に退かなければ加藤浩次が辞めるという構図になり、すでに平成ノブシコブシ・吉村崇や友近が加藤支持を表明するなど、芸人たちによるクーデーターも起こりうる様相を呈しています」(芸能記者)

 そんななか、岡本社長の会見が5時間にも及んだことが、加藤の「運命」を大きく変えるかもしれないという。

「加藤は22日中に吉本の上層部と話し合いの場を持つことになっていましたが、会見が大幅に伸びたことでそれが23日にずれ込みました。実は、『スッキリ』の占いコーナー『誕生月占いスッキリす』によれば、4月生まれの加藤の22日の運勢は12カ月の中で7位の『まあまあスッキリす』。しかも『立ち振る舞いには気をつけよう』というメッセージがついていました。それが23日になると全体の4位となる『スッキリす』に運勢がアップ。メッセージも『愛をたくさんもらってモテ運UP』となっている。これを読み解くと、前日に会談していれば“狂犬モード”が発動し、周囲の支持を得られなかった可能性がある。1日伸びたことで、周囲の芸人も加藤に賛同して、彼の元に結集する動きが出てくるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 ひょっとすると、スタッフや占い師が“忖度”していたのもかしれないが、番組側も加藤を応援する立場だろう。加藤が会談でラッキーカラーとなっていた「オレンジ」を身につけていたのかも気になるところだ。

最終更新:2019/07/23 21:45
こんな記事も読まれています

加藤浩次、吉本興業上層部との対立を『スッキリ』が忖度? 一日伸びたことで運勢が激変のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真