日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > ナースコールを無視して患者死亡

担当医がナースコールを無視して患者死亡! 理由は病院パンフレットの集合写真撮影!?

文=青山大樹

集合写真を撮る医師と看護師たち(CCTVより)

 中国ではここ数年、日本への医療ツーリズムが非常に人気となっており、日本での健康診断や病気治療を仲介する旅行会社も急増している。背景には、中国人が自国の医療を信用していないことが大きな要因としてあるのだが、「さもありなん」という事件が起こってしまった。

「新京報」(7月23日付)によると同14日、山西省文水県の人民病院に高齢女性が搬送されてきた。女性には嘔吐などの症状が見られ、検査の結果、重篤な病状であることが判明し心臓内科へ入院、治療が行われることとなった。女性の家族も、病室で夜通し看病した。

 ところが翌日、女性の容体は急変。家族は急いでナースコールを押し、担当医を呼ぼうとしたが、とんでもない理由で断られてしまう。医師は「これから病院のパンフレットに載せる集合写真を撮影するので、しばらく患者の対応ができない」と言ってのけたのだ。

 家族はその後、3回にわたって直接担当医を呼びに行ったが、撮影が終わるまで待つように言われ、結局、医師が病室に現れたのは容体の急変から20分後のことだった。女性はこのときすでに息を引き取っており、死亡が確認された。

 病院側は遺族に対し、「治療が遅れたことと、死亡してしまったことの間には因果関係はない」と、過失責任を逃れようとする説明を行ったという。

 病院側の対応に不信感を覚えた遺族は、病院を管轄する医療保障局と地元警察に通報。当局による調査が行われることとなった。

 女性が亡くなった病室と撮影場所は、わずか10メートル程度の距離だったという。パンフレット撮影のために重症患者を放置したことが事実であれば、遺族からすれば見殺しにされたと思うのも当然である。地元政府はすでに担当医と院長に対し、それぞれ停職処分、警告処分を命じている。

 患者にとって一番安心できるはずの病院で起こった今回の事件、これでは自国の医療を信用できないのも無理はない。

(文=青山大樹)

 

最終更新:2019/07/31 20:00
関連キーワード

担当医がナースコールを無視して患者死亡! 理由は病院パンフレットの集合写真撮影!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真