日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 池田エライザ、エロ仕事がスゴすぎる

池田エライザ、「AVさながら?」親指姫になる以前の“エロ仕事”がスゴすぎる!

au三太郎シリーズより

 au三太郎シリーズのCMで「親指姫」に扮し、一気にお茶の間にその名を浸透させた女優でモデルの池田エライザ。放送中の “冒険のうた編”では実物大になって歌って踊り、その美貌を見せつけている。

 また、5月末に発売したファースト写真集『pinturita(ピントゥリータ)』(集英社)は5万部を突破。抜群のスタイルやGカップバストに男性ファンがクギ付けになっているようだ。

 そんな池田が、これまで数々の過激な「エロ仕事」をこなしていたことはあまり知られていない。

「衝撃だったのは、2017年の配信ドラマ『ぼくは麻理のなか』で披露した汗だくオナニーです。すでにモデルとしても人気急上昇中でしたから、かなりのインパクトがありました。作品はいわゆる“男女入れ替わり系”で、男が乗り移った池田が着衣のまま国宝級の巨乳を鷲掴みしながらもみしだき、股間に指を這わせながら悶絶。その際、スカートがピタリと密着し、彼女の下腹部のラインが強調されるのがなんともエロかったですね」(週刊誌編集者)

そして、翌年の18年になると、その艶技はさらにヒートアップしていく。

「映画『伊藤くん A to E』で池田が演じたのは、彼氏が途切れたことがないリア充女。親友の彼氏を奪おうと誘惑してホテルに入ると、下着姿で騎乗位になり、男のズボンを脱がせてベッドでも巧みにリード。G乳が揺れまくるさまが、たまりませんでした。圧巻だったのは、映画『チェリーボーイズ』。カラオケボックスでは4人の男をバキュームフェラで搾り取る。口に出されたものをティッシュに吐き出すところが、実に生々しかった。また、車中で足に下着をひっかけながら無表情のまま男の舌で下半身を責められるところも、AVさながらの興奮ポイントです」(前出・週刊誌編集者)

 今あらためて観たら、「親指姫」とプレイした気になれてドキドキすること間違いなし!

最終更新:2019/08/01 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

池田エライザ、「AVさながら?」親指姫になる以前の“エロ仕事”がスゴすぎる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真