日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 吉本興業・岡本社長のパワハラ“ビンタ”
【wezzy】

吉本興業・岡本社長のパワハラ“ビンタ”を元マネージャー激白 「ファミリー」を酷使する体質は変えられるのか

 宮迫博之と田村亮を筆頭とした所属芸人の闇営業問題がきっかけで、その組織体制が問題視されることとなった吉本興業。田村亮は7月20日に事務所を通さず開いた記者会見で、吉本興業・岡本昭彦社長から恫喝パワハラを受けたことを告発した。その岡本社長は7月22日に会見し弁明、吉本興業は芸人とエージェント契約を結ぶ方向に舵を切ったが、9日発売の「FRIDAY」(講談社)は、吉本興業の元社員が岡本社長を含む上司たちから暴力的なパワハラを受けていたと告白する記事を掲載している。

 「FRIDAY」にて吉本興業内のパワハラを激白したのは、吉本興業でマネージャーとして働いていた男性A氏だ。A氏によると、岡本社長のパワハラ行為は日常茶飯事。たとえば、岡本社長を含めた会食では「吉本で働くには会食も大事だから鍛えなアカン」と大量の肉やご飯を食べさせられたという。A氏が体調不良からあまり食べられずにいると、岡本社長は「なんで食われへんねん」とA氏をビンタしたそうだ。岡本社長が「すぐに手を出す」ことは、社内では有名だったとも。

 宮迫博之と田村亮が開いた会見でも、彼らは岡本社長から「会見をするなら連帯責任でクビにする」「お前ら全員クビにする力があるんだ」と圧力をかけられたと明かしている。岡本社長は「“家族”ゆえの冗談だった」と釈明しているが、傍から見れば冗談と受け入れられるような状況でないことは明らかである。

 パワハラを働くのは社長だけではなく、A氏は上長から常にパワハラを受け、私物のカバンやパソコンを投げ捨てられて恫喝されたこともあったという。社員にも芸人にも吉本興業への忠誠心が強く要求され、マネージャーは芸人の発言を監視。不満を漏らせばすぐに「チクられる」ため社員同士も疑心暗鬼になっていたという。

 

吉本興業は2度も労働基準監督署の是正勧告を受けている
 吉本興業はこれまでに2度にわたり、労働基準監督署の是正勧告を受けている。最初の勧告は2012年3月。同社と子会社は労使協定で定められた月50時間以上の残業をさせたなどとして新宿労基署から勧告を受けた。2回目は今からおよそ1年前の、2018年8月および9月。業規則の不備や休日勤務手当の不十分な支払いなどがあったとして再勧告を受けている。

 A氏も「FRIDAY」において、過酷な労働環境について語っていた。吉本興業のマネージャーは多忙であり、月の労働時間は300時間を超えるという。しかし、会社として労働基準法を守らないわけにはいかないということから、A氏は上長から勤務記録の書き直しを指示されていた。そんな環境が原因か、30代前後で同期の半分以上が辞めてしまったという。

吉本興業は「家族」を酷使して「父」「兄たち」が私腹を肥やす
 上長から理不尽な叱責を受け、同僚同士で監視しあい、年に10日の休みもなく勤務記録を書き直して働き続ける。そのような環境下で“笑いを生む”どころか、適切なタレントマネジメントなど出来るだろうか。

 吉本興業に所属する芸人たちは、そうしたマネージャー側の事情を知ってか知らずか、不満を漏らす。「週刊女性」8月13日号(主婦と生活社)の取材に匿名で応じた中堅芸人によると、マネージャー1人が100人もの芸人を担当しなければならないほど人手不足であり、ギャラの振り込みがされなかったこともあるという。マネージャーにその旨を伝えると「経理に確認します」と言ったきりで、結局2年後にギャラが振り込まれたこともあったそうだ。また、今年3月に吉本興業を解雇された楽しんごも、マネージャーにメールをしてもレスがなかったりしたことがあったと述べている。

 吉本内部で上層部からのパワハラが横行し、マネージャーは人手不足や長時間労働を余儀なくされるなど過酷な環境に置かれているという話が事実であれば、ギャラの振り込み忘れやレスポンスの遅さなども、マネージャー個人の“能力不足”の問題などと矮小化できない。会社が、“ファミリー”である社員を酷使する労働環境を改めない限り、“芸人ファースト”は夢のまた夢だ。

 そもそも吉本興業という組織について、岡本社長も大崎洋会長も「家族」「ファミリー」などと表現しているが、家族のように接するということは、雑な扱いをしても許されるということではまったくない。彼らは家庭を、暴力や暴言も愛のムチだとして許されるような、無法地帯だと勘違いしてはいないか。あるいは家族にひもじい思いをさせて「父」や「兄たち」が私腹を肥やしているような組織が、彼らの理想とする家族像なのだろうか。

最終更新:2019/08/10 07:15
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真