日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > モーニング娘。’19が大絶賛!

モーニング娘。’19がなぜ大絶賛? ロックフェス参戦で「レベル高くて感動」の声

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

モーニング娘。’19

 10日、モーニング娘。’19が、ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」(以下RIJF)に出演し、圧巻のパフォーマンスで大絶賛を浴びている。

 6万人以上を収容するGRASS STAGEに登場したモー娘は50分間にわたり、MCなしで14曲を披露。炎天下の中、観客と一体となった激しいダンスと歌で、観客からは「50分で14曲MCなしで歌ってた、体力オバケだった」「噂通りのキレキレダンスに歌唱力」「初めて観たけどレベル高くて感動した」「いわゆる口パクではなかった。真っ向勝負って感じだった」といった絶賛の声が相次いでいる。

「昨年に続いて2度目のRIJF出演となったモー娘は、前回は1万人規模のLAKE STAGEでのライブパフォーマンスが話題を呼びました。そんな評判を受けて、今回はRIJF最大ステージのGRASS STAGEに登場。RIJFの“アイドル枠”といえば欅坂46とPerfumeがお馴染みで、前者はロック的な佇まい、後者は高い音楽性といった具合に、いずれもアイドルの枠を越えた部分がRIJF最大の観客層であるロックファンから評価を得ています。しかし両者と違って、モー娘は純粋にアイドルとしてのパフォーマンスが観客の心をつかみました」(アイドル誌編集者)

 グループアイドル全盛と言われる昨今だが、その多くがライブでは口パクであるのに対し、モー娘を始めとするハロー! プロジェクト系のアイドルは生歌が基本。しかも、歌唱力とダンスのスキルに優れているのが特徴だ。

「ハロプロでは、アイドルといえどもエンターテインメントの基本は優れた歌とダンスだと考えられていて、所属アイドルたちは『ハロプロ研修生』という育成制度によって徹底的にスキルを仕込まれます。そういう意味では、K-POPガールズグループと似たところがありますね。現状、人気面では48グループや坂道シリーズに後れを取っているハロプロ系アイドルですが、確かなスキルに裏打ちされたライブパフォーマンスは他のアイドルからもリスペクトされています」(同)

 RIJFは邦楽ロック専門誌『ロッキング・オン・ジャパン』の企画制作による日本最大のロックフェスだが、モー娘の圧巻のパフォーマンスが音楽のジャンルを超えた格好だ。

最終更新:2019/08/15 13:54

モーニング娘。’19がなぜ大絶賛? ロックフェス参戦で「レベル高くて感動」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

賭け麻雀記者を解雇すべき

今週の注目記事・第1位「現場スクープ撮 黒川...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真