日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > モーニング娘。’19が大絶賛!

モーニング娘。’19がなぜ大絶賛? ロックフェス参戦で「レベル高くて感動」の声

モーニング娘。’19

 10日、モーニング娘。’19が、ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」(以下RIJF)に出演し、圧巻のパフォーマンスで大絶賛を浴びている。

 6万人以上を収容するGRASS STAGEに登場したモー娘は50分間にわたり、MCなしで14曲を披露。炎天下の中、観客と一体となった激しいダンスと歌で、観客からは「50分で14曲MCなしで歌ってた、体力オバケだった」「噂通りのキレキレダンスに歌唱力」「初めて観たけどレベル高くて感動した」「いわゆる口パクではなかった。真っ向勝負って感じだった」といった絶賛の声が相次いでいる。

「昨年に続いて2度目のRIJF出演となったモー娘は、前回は1万人規模のLAKE STAGEでのライブパフォーマンスが話題を呼びました。そんな評判を受けて、今回はRIJF最大ステージのGRASS STAGEに登場。RIJFの“アイドル枠”といえば欅坂46とPerfumeがお馴染みで、前者はロック的な佇まい、後者は高い音楽性といった具合に、いずれもアイドルの枠を越えた部分がRIJF最大の観客層であるロックファンから評価を得ています。しかし両者と違って、モー娘は純粋にアイドルとしてのパフォーマンスが観客の心をつかみました」(アイドル誌編集者)

 グループアイドル全盛と言われる昨今だが、その多くがライブでは口パクであるのに対し、モー娘を始めとするハロー! プロジェクト系のアイドルは生歌が基本。しかも、歌唱力とダンスのスキルに優れているのが特徴だ。

「ハロプロでは、アイドルといえどもエンターテインメントの基本は優れた歌とダンスだと考えられていて、所属アイドルたちは『ハロプロ研修生』という育成制度によって徹底的にスキルを仕込まれます。そういう意味では、K-POPガールズグループと似たところがありますね。現状、人気面では48グループや坂道シリーズに後れを取っているハロプロ系アイドルですが、確かなスキルに裏打ちされたライブパフォーマンスは他のアイドルからもリスペクトされています」(同)

 RIJFは邦楽ロック専門誌『ロッキング・オン・ジャパン』の企画制作による日本最大のロックフェスだが、モー娘の圧巻のパフォーマンスが音楽のジャンルを超えた格好だ。

最終更新:2019/08/15 13:54
こんな記事も読まれています

モーニング娘。’19がなぜ大絶賛? ロックフェス参戦で「レベル高くて感動」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真