日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 相葉雅紀の番組に問題視する声

嵐・相葉雅紀の『家系図バラエティ』放送内容を問題視する声でレギュラー化は困難か

 嵐の相葉雅紀が13日放送のバラエティ特番『はじめまして!一番遠い親戚さん』(日本テレビ系)で、司会に挑戦。芸能人の意外な親戚関係が次々と明らかになり、番組は大変盛り上がったが、一部からは放送内容を問題視する声が寄せられている。

 同番組は、ゲストの芸能人の遠い親戚を徹底的に調査し、巨大な“オリジナル家系図”を作るなかで、本人も知らない親戚を探すもの。番組では、宮川大輔と津川雅彦、IKKOと高良健吾、羽鳥慎一と永井美奈子が親戚だと判明するなど、次々と驚きの事実が明らかになった。テレビ情報誌の記者がいう。

「相葉雅紀の日テレ初のバラエティ番組MCということで注目されていましたが、視聴率は同時間帯トップと、上々の結果でした。内容は完全に『ファミリーヒストリー』(NHK)の焼き直しですが、一家で見るにはピッタリの内容です。

 テレビ業界は『ポツンと一軒家』『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)、『消えた天才』(TBS系)、『YOUは何しに日本へ?』『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)など、一般人が登場する番組が大人気ですが、『親戚さん』も基本は一般人で展開される番組ですから、“ヒットの法則”に当てはまっています。日テレは平日19時台の『火曜サプライズ』や『衝撃のアノ人に会ってみた』の数字が伸び悩んでいますから、一気にレギュラー化もあるかもしれません」(テレビ情報誌記者)

 遠い親戚が有名人かもしれないと思えば、一般人にも夢があるこの番組。ただ、長年差別問題に携わってきたフリーのジャーナリストは、この番組の問題点を指摘する。

「率直に言って、家系や家系図をテーマにした番組を放送することは、社会通念上、極めて問題があると言わざるを得ません。現在、就職面接では、本籍地、両親の出身地、家族の職業、資産状況、支持政党、読んでいる新聞、尊敬する人物などを聞くのはすべて禁止です。本人に責任のないことや、本来自由であるべきことを採用の判断基準にすることは、基本的人権の侵害にあたるからです。メディアであれば、それぐらい人権に関しては敏感にならなくてはいけないはず。

 家系を調べれば、国籍、養子、親の有無、離婚など、極めてデリケートな問題に突き当たる可能性があり、『ゲストの芸能人がOKと言っているから問題ない』『問題があれば放送しなければ良い』という意見は通用しません。そもそも、出自や血統を調べることが重大な人権侵害ですから、これこそまさにBPO(放送倫理・番組向上機構)の出番でしょう」(ジャーナリスト)

 せっかく見つけた“大魚”は、当たれば死ぬ毒を持っているよう。指をくわえて見ているのか、思い切って食べてしまうのか、日テレは果たしてどうする?

最終更新:2019/08/15 22:00
こんな記事も読まれています

嵐・相葉雅紀の『家系図バラエティ』放送内容を問題視する声でレギュラー化は困難かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真