日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 報ステ後任が男性アナでガッカリ

テレ朝『報ステ』視聴率が急落必至!? 竹内由恵アナの後任が男性アナで視聴者ガッカリ

テレビ朝日

 テレビ朝日の看板報道番組『報道ステーション』に視聴率急降下の危機が訪れた。

 同局きっての人気女子アナで新婚の竹内由恵アナが退社するため、9月いっぱいで同番組を降板するが、その後任が決定。月曜から木曜のスポーツは、“男性アナ”の清水俊輔が、金曜のメインキャスターは森川夕貴アナが引き継ぐことになり、男性視聴者からは大いなる落胆の声が聞こえてくる。

「現在森川アナは月曜から木曜のニュースコーナーを担当していますが、それだけだと出演時間が短いのです。ですから、多くの男性視聴者は森川アナに、今の竹内アナの役回りをそのまま引き継いでくれることを期待していたのですが、スポーツ担当に男性アナが起用されてガッカリしているようです。救いは森川アナが金曜のMCに就任することですね」(女子アナウオッチャー)

 森川アナは上智大学外国語学部出身。大学時代には「ミス富士山グランプリ」に輝いた美貌の持ち主で、まさに才色兼備。入社直後の2016年4月から同番組の気象キャスターに抜擢され、昨年10月からはニュースを担当している。

「2日からMCの徳永有美アナが夏休みを取っているため、森川アナが代役を務めていますが、落ち着いており、アナウンス力も高い。自分の意見もしっかり言えるので、間違いなく、近い将来のMC候補でしょう。それだけに、10月からはスポーツ担当で露出が増えてほしかったというのが男性ファンのホンネでしょうね」(同)

 同番組のスポーツコーナーは、松岡修造や中山雅史がキャスターを担当しており、かなり“男臭い”印象だ。それを竹内アナや寺川綾(金曜キャスター)といった“綺麗どころ”がかき消して中和されていたが、10月から竹内アナに代わって、清水アナが加わるとなると、男だらけのコーナーになりそう。

 清水アナは学生時代、ボート競技で国体やインターハイに出場した経験がある元アスリートで、野球を中心としたスポーツ中継や、『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』などを担当。甘いルックスで女性ファンが多く、『好きな男性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)ではトップ10の常連。その人気や経歴を考えれば、竹内アナの後任にふさわしい人材ともいえるのだが……。

「夜の報道番組の主たる視聴者層は、30代以上の男性。そもそも女性視聴者が少ないんですから、いくらイケメンを起用しても、さして効果はありません。これまで、明るいキャラでキュートな竹内アナが番組の“癒やし”になっていたことを思えば、後任が男性アナに代わってしまうと、視聴率降下の可能性も十分あるでしょうね」(テレビ誌関係者)

 10月から、むさくるしい男だらけのスポーツコーナーになってしまう『報ステ』。これにより、離脱者が出なければいいのだが……。

 

最終更新:2019/09/04 14:12
こんな記事も読まれています

テレ朝『報ステ』視聴率が急落必至!? 竹内由恵アナの後任が男性アナで視聴者ガッカリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真