日刊サイゾー トップ > 芸能  > 内村光良「テレ朝出禁解除」? 

徳永有美アナ『報ステ』起用で、夫・内村光良「テレ朝出禁解除」なる? “久本雅美の圧力”説とはなんだったのか

ウッチャンナンチャン・内村光良

 10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)にキャスターとしてレギュラー出演することが決まった、元同局アナの徳永有美。徳永アナといえば、2001年にテレ朝職員と結婚するも、同局のバラエティー番組『内村プロデュース』で共演していた内村光良と不倫関係となり、離婚。その後、内村と結婚し、局を退社した。また、2人が結婚した約半年後の05年9月に『内P』は終了、内村はその後、テレ朝を事実上の“出禁状態“となっている。

「徳永アナの『報ステ』起用の背景には、内村を再び呼び戻したいテレ朝の思惑と、同局と内村の関係修復を願う徳永アナの思惑があるようです」(報道関係者)

『内P』が終了し、内村がテレ朝の番組に出演しなくなった理由は、言うまでもなく徳永アナと“略奪婚”してしまったことにある。局側としても看板アナに傷をつけた内村に対し黙っているわけにはいかないという思いがある一方で、内村と徳永アナなりの“けじめ”だったとも言われている。

 しかし、『内P』が終了した当時、少々不可解なウワサがあった。

「久本雅美と内村の間にトラブルがあって、久本サイドからの圧力で番組が終了したとの情報がありました。まあ、業界関係者は『そんなことありえない』と聞き流していたのですが、ネットではなぜかその情報が陰謀論的な感じで流れていました」(バラエティー番組関係者)

 一体なぜ、そんなウワサが出たのだろうか?

「そもそも2人の間には、トラブルなんかないんですよ。でもネット上では、創価学会員である芸人のモンキッキーが『内P』の撮影の合間に共演者たちを学会へ勧誘していたところを内村が注意して、それに同じく学会員でモンキッキーをかわいがっている久本が逆上したなんていうウワサが流れたんです。さらに『内P』が終わった後、時間帯は違うのですが、同じテレ朝深夜で久本のレギュラー番組が始まったということもあって、“久本が内村を追い出した”なんていう説も聞こえてくるようになりました」(同)

 その結果、一部では内村と久本が“共演NG”であるとささやかれるようになった。

「業界的には共演NGなんていうことはまったくなく、2人はいろんな番組で共演しているし、関係がギクシャクしているわけではまったくない。それでもウワサはなかなか払拭されず、いつしかそれを信じて2人を同じ番組でブッキングしないようにと考えたテレビ局関係者もいたそうです」(同)

 いうなれば、ネットの妄想が現実になってしまったかのようなこの話。当事者にとっては迷惑そのものだ。

「とはいえ、ある芸人が楽屋で宗教勧誘をしていたら、先輩芸人にブチ切れられたなんていうエピソードがあるのは事実。そういういろんな話が内村と久本に置き換えられて、広まってしまったのかもしれません」(同)

 今回の徳永アナの『報ステ』起用によって、テレ朝と内村の関係が修復されれば、あらぬ濡れ衣を着せられていた久本も喜ぶのではないだろうか?

最終更新:2018/09/05 08:00

徳永有美アナ『報ステ』起用で、夫・内村光良「テレ朝出禁解除」なる? “久本雅美の圧力”説とはなんだったのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真