日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 星野源、「いい人」になり騒然

星野源、主演映画の宣伝で「いい人」になり関係者騒然! アンチだらけになった業界へのアピールか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

星野源

 主演映画『引っ越し大名!』が8月30日に公開された星野源。公開のタイミングにあわせて、数多くのバラエティー番組に出演し、精力的に宣伝活動を行った。

「普段はバラエティー番組に出ない星野なので、各局は喜んで出演してもらったみたいです。映画の宣伝でいろんな番組を回ったのも、今回がほぼ初めてのことだったんですが、すごく協力的でした」(テレビ局関係者)

 実はここ最近、業界内では星野源の悪評が飛び交う状況にあった。

「『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ブレイクで、一躍トップ俳優になった星野に、たくさんのドラマ出演オファーがあったそうなんですが、それをことごとく断っていたというんですよ。どうやら、主演映画やNHKの大河ドラマのような大きな仕事に絞っていたらしい。さらには、たまにある番組収録やら撮影やらでも、何人ものスタッフを引き連れて歩いて、現場での印象がとても悪かったというんです。本人というより、周囲のスタッフの問題なのかもしれませんが、業界内では“アンチ星野源”が増えていたという話も」(芸能事務所関係者)

 そんななか公開された『引っ越し大名!』。宣伝には協力的ではないのではとも囁かれていたが、実際には正反対の展開だった。

「扱いづらいと言われていた星野源が、結構楽しげに収録に参加していたので、関係者も驚きでしたね。収録中もそれこそ視聴者に媚びを売るくらいに楽しそうにしていたし、だいぶイメージは変わりました」(同)

 急激に“いい人”になっている星野源だが、そうなるには理由があった。

「音楽活動の方は順調ですが、俳優活動のほうが実は思うように展開できていないと言われています。仕事をより好みしてオファーを断ったことが原因なのかもしれませんが、敬遠されることが増えてしまった。このまま行けば、本来狙っていた大河ドラマの主演のような大きな仕事も来なくなるのではないかと、感じ始めたのかもしれません。今回の宣伝で協力的なのは視聴者に対するアピールというよりも、業界に対するアピールなのだと思いますよ」(同)

 俳優仕事に対するスタンスが変わりつつある星野源。これまで本人が頑なにオファーを断っていたといわれる『逃げ恥』の続編制作もありうるか?

 

最終更新:2019/09/04 21:00

星野源、主演映画の宣伝で「いい人」になり関係者騒然! アンチだらけになった業界へのアピールかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真