日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 星野源が熱狂ファンに異例の苦言

「実際に迷惑」星野源が狂信的ファン“源クラ”に異例の苦言のワケ

 星野源が5月28日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で、強い言葉でファンにある“お願い”をしたことが波紋を広げている。

 この日、星野は「大事なお知らせがあります」と切り出し、今週から番組公式インスタグラムをスタートしたことを明かした上で「あまり言いたくない話ではございますが…実はインスタに『星野源のオールナイトニッポン』の公式ホームページのブログの文章と写真を転載している人がいるんです」と告白。ファンに配慮をみせつつも「単刀直入に言うと消してください」「実際やっていることは迷惑」と、強めの言葉で訴えた。

 その理由について星野は、「ホームページを作っている人とか、アップしている人とか、ホームページを作るにしてもデザイナーさんがいて、それを組み立てた人がいて、みんながこのホームページを見に来てくれるから一生懸命作ろうと思って作ってくれた人がいる。写真もうちのマネジャーとかスタッフさんが一生懸命撮って、いっぱい選んで頑張って、セレクトしてくれたんだよね。文章もスタッフが時間かけて書いてくれているわけさ」と丁寧に説明し、そのうえで「このホームページで見てもらうのがみんな目的としてやっているわけだから。そのためにツイッターで告知しているわけですから。なのでやめて下さい」と転載しないよう訴えた。

 宣伝のために公式情報を転載して拡散するファンを黙認する芸能人が多いなか、星野は毅然と「NO」を示した格好だ。ネット上では肯定意見もある一方で「細かい男」「迷惑は言いすぎ」などの陰口も叩かれている。

 だが、星野を知る人物によると、今回の“お願い”には伏線があるという。

「狂信的な星野さんファンは『源クラ(源クラスターの略)』と呼ばれ、その中には著作権や肖像権を無視して、星野さんの画像や動画、録音物を平気でアップする人たちがいる。星野さんはことあるごとに、そうした方たちに注意喚起してきたが、一向に改善されない。アーティストとして、作り手の労力や、著作権&肖像権の重要性を知る星野さんだからこそ、強く訴えているのです」

 激務のせいか、このところ「やつれている」と指摘されることも多くなった星野だが、原因の一端は今回のような著作権問題にもあったようだ。心休まる日はやって来るのだろうか。

最終更新:2019/06/05 09:55
こんな記事も読まれています

「実際に迷惑」星野源が狂信的ファン“源クラ”に異例の苦言のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真