日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 新井浩文、公判でのトンデモ言い訳

新井浩文被告「濡れていたからセーフ」公判でのトンデモ言い訳はあの柔道家を超えた!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

アノレ公式サイトより

 熟慮の結果、もう“ここ”を押していくしかなかったのだろうが……。

 9月7日配信の『Smart FLASH』にて、強制性交等の罪に問われている新井浩文被告の近況を報告。新井被告は復帰の意思を持っているという。

「起訴内容は、新井被告は昨年7月1日午前3時半ごろ、東京都世田谷区の自宅マンションで、性的なサービスを禁じているマッサージ店の30代女性の下着を無理やり脱がせて、性的暴行を加えたというもので、普通なら芸能界復帰の目はなさそう。しかし記事によれば、知人の家やホテルを転々としながら暮らしているという新井被告は、俳優業復帰への意欲を示しているとか。俳優仲間や関係者に単館系の作品やアジア圏の海外映画から復活できないかと相談しているといいます」(芸能記者)

 被害女性への賠償が断られたままということもあり、公判は謝罪一辺倒かと思いきや、新井被告の口からはまさかの「同意あった」発言が飛び出した。しかも、その言い分がスゴかった。

「やったことはやったが、『無理やりではなかった』ことで一点突破をはかろうとしているようですね。相手にケガがないことが“力づくではなかった”証拠だというわけです。しかも、『膣が濡れているのを見て拒否していないと思った』と言ってのける始末。以前、柔道の金メダリストが教え子への準強姦罪で起訴された際に、『性行為を始めたが、嫌がりはしなかった』と言って同意を主張していましたが、これを超える“トンデモ言い訳”ですよ。もっとも、キャリア終了、損害賠償10億超えとあっては投げやりモードに入っていてもおかしくはない。 “どうにでもなれ”という新井被告の心の声が聞こえてきそうです」(週刊誌記者)

「濡れていたからセーフ」が新井被告にとっての“蟻の一穴”だったようだが、恥をかかされた被害女性から許される可能性はないだろう。

最終更新:2019/09/10 10:00
関連キーワード

新井浩文被告「濡れていたからセーフ」公判でのトンデモ言い訳はあの柔道家を超えた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真