日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉沢亮の大河“捨て作品”か?

吉沢亮の大河ドラマ大抜擢に新札発行にまつわる陰謀論まで噴出! 早くも“捨て作品”扱いする声

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

アミューズ オフィシャル ウェブサイトより

 2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主演に起用されることが明らかになった吉沢亮。新一万円札の肖像画になる、実業家・渋沢栄一の生涯を描く。

「吉沢亮の代表作と言えば、NHKの朝ドラ『なつぞら』でのヒロインの幼なじみ役。そのほかにも若手俳優として沢山の作品に出演していますが、代表作と言えるような作品もないし、目立った主演ヒット作もまだない。そういう意味では、かなりの大抜擢です」(ドラマ関係者)

 吉沢亮が所属するのは、大手芸能事務所アミューズ。同事務所には、ほかにも大河主演候補が何人もいた。

「星野源、佐藤健、三浦春馬など、吉沢より実績もあって人気もある俳優がいくらでもいる。それなのに吉沢が抜擢されるのは、少々不自然な部分もなくはない。正直、現状では吉沢亮は大河主演の“格”ではないので、所属事務所のアミューズとNHKは、これから必死になって吉沢の“格上げ”を進めていくことになるでしょう」(同)

 まさかの吉沢の大抜擢の裏側に、様々な事情を探る見方もある。とあるテレビ局関係者は、こう話す。

「2024年度に発行される見通しの新一万円札については、デザインが微妙だとか、そもそも新一万円札を発行する意味があるのかだとか、異論が出ているのも事実。大河ドラマで渋沢栄一を描くことで、新札のイメージアップを図りたいという、裏の思惑があるのではないかとも。何かと不自然なキャスティングに、業界内では政府の肝いりの案件だという“陰謀論”まで出ています」

 さらに、大河ドラマでは戦国時代を描く作品はヒットしやすいが、「近現代を描く作品はコケやすい」というジンクスもある。渋沢栄一は幕末から昭和初期を生きた人物であり、物語のメインは明治時代となる可能性が高い。

「NHKとしては、本当なら戦国時代の作品を作りたかったはず。でも、何らかの事情があって渋沢栄一になってしまった。コケる可能性が高い作品で、人気俳優を浪費したくないという思いもあったのかもしれない。つまり、『青天を衝け』は“捨て作品”になるので、どうせなら若手の吉沢を主演に抜擢して、アミューズに貸しを作ることもできるということではないでしょうか」(同)

 吉沢亮の大河抜擢の裏側にどんなカラクリがあったかは不明だが、いずれにしろ、多くの関係者が不安を抱いていることは間違いなさそうだ。

最終更新:2019/09/11 21:06

吉沢亮の大河ドラマ大抜擢に新札発行にまつわる陰謀論まで噴出! 早くも“捨て作品”扱いする声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真