日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、ド派手コーデが不評

浜崎あゆみ、「究極にダサい!」ド派手コーディネートを披露するも不評の嵐

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

浜崎あゆみ公式インスタグラムより

 浜崎あゆみが11日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

 浜崎といえば、自身初のダブルミリオンを達成した1999年発売のアルバム『LOVEppears』のリマスター盤を11月10日に発売することが決定したばかり。浜崎の過去の恋愛体験がベースになっている話題の小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が10万部突破のベストセラーになり、ドラマ化も決定するなど好調に走り続けている。

 そんな浜崎がこの日の投稿で、色とりどりのハートの絵文字を添え、鏡の前でポーズを取る自身の写真を公開した。ホテルのロビーのようなインテリアも目を引くが、全面ハート柄のセットアップ姿が印象的な一枚だった。

 しかし、浜崎のこうした投稿に対し、ネット上では「これはダサすぎる」「服のセンスめちゃくちゃすぎる」「この服にこの帽子…さらに謎の肩出し…究極にダサい」などの厳しい声が飛び交っていた。

 いつもド派手なコーディネートでファンを楽しませている浜崎。その独特なセンスは一般受けしない?

最終更新:2019/09/13 00:00

浜崎あゆみ、「究極にダサい!」ド派手コーディネートを披露するも不評の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真