日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沢田研二あわやドタキャン再来!?

あの騒動から1年、沢田研二の地方ライブであわや“ドタキャン再来”危機

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

沢田研二

 公演ドタキャン騒動から1年――。往年のスーパースター、沢田研二(71)の地方ライブのチケットがまったく売れず、ドタキャン再来の危機が発生していた! ジュリーは現在、全国40カ所以上を回る全国ツアー「SHOUT!」の真っ最中だが、わずか1,200席のホールが埋まらず、興行関係者はヒヤヒヤだったとか……。

「あわやドタキャンかと思った」と地元の興行関係者の顔を青くさせたのは、今月23日に行われた出雲市民会館(島根県、大ホール1,210席)での公演だ。

 ジュリーといえば昨年10月、さいたまスーパーアリーナの公演を「アーティストサイドに重大な契約の問題が発生したため」とドタキャン。翌日、記者団に「当初9,000人と聞いていたが、7,000人しか入っていなかった」「客席がスカスカの状態でやるのは酷。僕にも意地がある」と明かし、その身勝手ぶりで世間を騒がせた。

 出雲公演でも前売りが思うように伸びず、直前まで地元メディアで宣伝しまくっていたという。

緊張感高まる、公演直前で会場

「チケットの定価は8,000円でしたが、プレイガイドの正規ルートだけでは客席に穴が空きそうだったため、企業や組織、人づてでチケットを割り振ってもらいました。沢田さんがブチ切れて、またドタキャンってことにでもなったら大変ですから(苦笑)」(前出・関係者)

12
関連キーワード

あの騒動から1年、沢田研二の地方ライブであわや“ドタキャン再来”危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真