日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小川彩佳アナに来春降板説が浮上

TBS社長から痛烈ダメ出しされた小川彩佳アナ、『NEWS23』降板カウントダウン開始か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

TBS公式サイトより

 降板へ待ったなしだ。テレビ朝日から鳴り物入りでTBSに移籍し、間もなく同局の報道番組『NEWS23』のメーンキャスターに起用された小川彩佳が、はやくも降板危機に直面している。

 TBSの佐々木卓社長は25日の定例記者会見で、低迷する同番組に言及。「細かく(視聴率)0.何%ということでなく、ニュース番組がひしめいている中で『NEWS23』という番組をみてもらう水準というものがある」とした上で、「(他のライバル番組に)遅れをとってしまっているという点から、多くの人にいい番組をみてもらいたいという思いからしたら、全く不十分です。観ていただく水準として不十分と思っています」と、厳しい言葉を投げかけた。

 局のトップがここまで数字についてダメ出しするのは異例。小川アナは真っ青になったことだろう。もっか、佐々木社長の口グセは「視聴率を取れ」ではなく「Fコア層を意識しろ」になっているという。

 Fコア層とは、13~59歳の男女視聴者のことで、ここ数年は視聴率よりも、Fコア層からどれほど支持されているかが、営業面に大きく影響している。

「世間的に低視聴率が長い間話題になっているフジテレビですが、実はFコア層からの支持は高い。最悪なのはTBSです。代理店側もFコア層に見向きもされないTBSに対しては、かなり評価が低い。そのため、営業面で苦戦する佐々木社長は、『NEWS23』を60歳以降のシニア世代ではなく、それより下の世代にも伝わる報道番組にしろと叱咤した。かなりの危機感が伝わってきます」(民放関係者)

 ところが、『NEWS23』は小川アナの意向で、硬派な番組作りを余儀なくされているという話も。

「小川アナは当初から、番組作りに意見することも多く、それも余計なことというか、的外れな意見が多くて周囲も困惑していた。例えば『NEWS23』の番組スタッフに女性が少なかったということにケチを付け、『女性を多く』と要望したとも。女性の地位向上もいいけど堅物すぎて、もう少し要領良くやってもらいたいのだが」とはTBS関係者。

 佐々木社長の”お言葉”は、硬派名ばかりで数字が取れない小川アナにクギを刺したとも言える。TBSでは来春のリニューアルもウワサされるなど、降板へのカウントダウンが始まったのかもしれない。

最終更新:2019/09/28 00:00

TBS社長から痛烈ダメ出しされた小川彩佳アナ、『NEWS23』降板カウントダウン開始かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真