日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 重病告白で賛否がクッキリのワケ

米倉涼子とmisonoの重病告白で賛否がクッキリ! なぜ世間の反応はこれほど違うのか?

米倉涼子

 あの人もこんな感じで告白すればよかった?

 10月7日、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』(テレビ朝日系)の制作発表会見が行われたが、なんと、米倉の身に出演が危ぶまれる事態が起きていたという。

「彼女はおもむろに『低髄液圧症候群』を患っていたことを告白しました。脊髄に傷が入って髄液が落ちていくという病気で、真っ直ぐに歩けなくなったり、やる気がなくなったりしたとのこと。その状況でミュージカルに出演していたそうで、『1曲やると無理、ご飯を食べると気持ち悪くなり、このままではドクターXができなくなるかもという状態でした』と明かしました。『ドクターX』で監修をしている脳外科医に相談し、アドバイスを受けたことで、現在は回復。『しんみりする話じゃないんです。今は元気になったから話せるんです』と明るく振る舞っていました」(スポーツ紙記者)

 この告白には、ネット上でも「脊髄に傷とか怖いね。お大事にしてください!」「無事に回復されたようで何より もう大丈夫なのかな?」「そんな病気を抱えた中でミュージカルやってたなんて思わなかった。回復されて良かった」と、安堵の声が相次いだ。

 一方で、「まぁ普通はさ、こんな感じでサラッと告白だよね。 告知して溜めて出すみたいなやり方はしない」と、米倉との比較からあの歌手を揶揄する声も上がっている。

「同じく7日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)には、歌手のmisonoが『メニエール病』であることを公表しました。彼女は番組前にブログを更新。テレビで病名を公表すると発表してからアクセスが急増したことで、病気公表後のバッシングに怯える心境をつづっています」(芸能ライター)

 misonoは5年前にも「重大発表」と言って注目を集めてから、その発表が「30歳誕生日当日に1万枚売れなければもうCDを発売しない」という肩透かしの内容だった。

「また、少し前にも『悪化したら死に至る病気』になったことを明かすなど、とかく大げさに言うため、そのたびに売名行為だと批判されている。今回はバッシングする人に『逆に、問いたいのですが…何の病気だったら、良かったのでしょうか?』と質問を投げかけるなどしたことで、またぞろアンチを増やしています」(前出・ライター)

 病気の告白というものは、わざわざ「事前告知」してするべきことなのだろうか。misonoは米倉から“失敗しない”病気公表の仕方を学んだほうがよさそうだ。

最終更新:2019/10/08 10:00
こんな記事も読まれています

米倉涼子とmisonoの重病告白で賛否がクッキリ! なぜ世間の反応はこれほど違うのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真