日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 舞祭組のポルノ歌唱に猛クレーム

舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレーム

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 視聴者はまったく笑えなかったようだ。

 10月13日に放送された歌番組『UTAGE!』(TBS系)にジャニーズグループ・Kis-My-Ft2内の4人組グループ、舞祭組がメドレー方式で歌を披露した。しかし、あまりの音痴ぶりに「お遊戯会すぎてツラい」「日本の恥」と批判が鳴りやまない状況となっている。

「同番組は、過去に音痴をネタにしていた中居正広が司会。同グループは中居がプロデュースを手がけ、ジャニーズで“ブサイク”を売りにした初めてのグループです。高音で歌唱が難しいポルノグラフィティの『サウダージ』を選曲したのも、音痴キャラを後輩に継承させようという中居の演出だったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 しかし、その歌唱力のなさは中居も苦笑いする「放送事故レベル」。そのため、視聴者やポルノファンからは猛クレームが殺到し、ネット上では「サウダージ酷過ぎて怒りを覚えた」「歌唱力を売りにしてるアーティストの曲をよくもまぁ、あんなド下手に歌えるよね」「下手で笑われるのは勝手だけど他人の曲を使って笑われるな」「一生懸命であれば全てが許される訳ではない」と、散々な言われようだ。

 とりわけ酷かったのが、歌い出しを任された横尾渉だった。

「その破壊力は中居をして、『オレよりヘタ』と見下されるレベル。過去にCHEMISTRY・川畑要とデュエットした際には、あまりのひどさに音声が流れなかったこともあります。歌下手な3人の中にあって、実は千賀健永だけは、まずまずのレベルだったのですが、『放送事故』と一括りにされるのは気の毒でしたね」(芸能ライター)

 笑いが取れると考えのかもしれないが、やはりプロを名乗るならば「テレビで歌っていいレベル」は最低限クリアしておく必要はあるだろう。

最終更新:2019/10/18 12:00
関連キーワード

舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレームのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真