日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 大塚愛マレフィセントコスに批判

大塚愛、本格的なマレフィセントのコスプレ姿を披露するも苦言が集まったワケ

ツイッター:大塚愛(@ai_otsuka99)より

 歌手の大塚愛が自身のツイッターで、マレフィセントのコスプレ写真を披露し、大きな反響を集めている。

 大塚は18日にツイッターを更新し、「ある日、私の手元にマレフィセントへの招待状が届いた」から始まるポエム風のツイートを投稿。

 その上で、18日に公開されたディズニー映画『マレフィセント2』に触れ、「以前、前作を観た時、彼女に引き込まれていくのを覚えていた私は、つい、つい、つい出来心で、、、」「エセマレフィセントを、完成させた」とコメントし、マレフィセントのコスプレ写真を披露した。

 大塚が披露したコスプレはマレフィセント風の帽子を被り、ダーク系のアイメイクに黒い服を着用し、ソファに寝転んで頬杖をついているというもの。本格的ながら、どこかキュートなコスプレ写真となっていた。

 大塚のこの写真にツイッターには、「可愛すぎる!」「これでダーク系の歌歌われたらひれ伏すしかない」「似合いすぎ!シリーズ化してほしい」といった絶賛が集まっていたが、その一方でネット上からは「これだけ暗くて遠目だったら誰でもそれっぽく見える」「出来心だのエセだのイケてると思うから載せるんでしょ」といった厳しい声が集まってしまっていた。

 ファンからは好評を集めたコスプレだか、ネットユーザーの評価はあまりに厳しいものだったようだ。

最終更新:2019/10/23 00:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed