日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ナイトスクープ新局長は松本人志

3代目局長は松本人志に決定! 「探偵!ナイトスクープ」紆余曲折のキャスティング事情

松本人志

 人気バラエティー番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の新たな局長に、お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志が就任することが分かった。

 スタジオを一つの探偵事務所に見立てて、視聴者から寄せられた依頼を“探偵局員”たちが依頼者とともに調査し、その内容を紹介する同番組は、1988年にスタート。

 関西圏を中心に人気を集め、初代局長の上岡龍太郎の後を継ぎ、01年からは俳優・西田敏行が長年にわたって2代目局長を務めていたが、今月18日の放送回で、11月22日の放送をもって西田が降板することが突然発表されて話題となっていた。

「一部では西田さんの体調不安説も取り沙汰されましたが、所属事務所は否定しています。実際のところは西田さんもすでに70歳を過ぎていますし、活動拠点としている東京から番組が収録される大阪への移動など体力的なこともあり、元気なうちに勇退したいという思いもあったのではないかともっぱらです」(芸能記者)

 西田の降板が発表される中、人気番組の“顔”である3代目局長を巡ってはタモリや上沼恵美子、宮根誠司などさまざまな憶測がインターネット上で飛び交い、実際本サイトもテレビ関係者の証言により「宮根誠司が本命だったようだ」としたが、松本が就任することが決定した。

 松本は3年前の16年に依頼者として同番組に出演したこともあり、有力候補の一人と目されていたが……。

「松本さんは同番組のファンとしても知られていますし、大阪への愛着も強い。それに近年は何かとコンプライアンスにうるさいキー局の番組ばかりやるのに疲れたのか、インターネット配信番組をプロデュースしたり、同局で放送されている『松本家の休日』や福岡放送の『福岡人志、 松本×黒瀬アドリブドライブ』などローカル局の番組にも関心を寄せていましたからね。番組サイドにとっても大物の松本さんの出演は願ったりかなったりでしょう」(前出の芸能記者)

 松本新局長に要注目だ。

最終更新:2019/10/25 21:55
こんな記事も読まれています

3代目局長は松本人志に決定! 「探偵!ナイトスクープ」紆余曲折のキャスティング事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真