日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 道端アンジェリカにラブコールが

道端アンジェリカが書類送検であの業界から熱烈ラブコール「5000万円の価値がある!」

道端アンジェリカ

 モデルの道端アンジェリカが、恐喝事件で活動休止に追い込まれた。

 事件は8月7日、夫で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者が経営する会員制バーで起きた。道端がかつての交際相手であるA氏と来店。店内カメラの映像から個室で密着していたことが夫にバレ、後日キム容疑者がA氏の勤務先に乗り込み「おまえの家族をめちゃくちゃにする。嘘をついたら鉛筆で目を刺す」などと恫喝した。恐喝現場には道端も同席していた。

 道端はその後、所属事務所のホームページで「私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた」「現場に居合わせた際、何もできませんでした」と釈明したが後の祭り。

「なぜわざわざ夫の店で密会したのか、個室の様子がカメラにばっちり映っていたのか、など不可解な点が続出。A氏が『ハメられた』と訴えていたこともあり、道端にも”美人局疑惑”が浮上しました」(スポーツ紙記者)

 そんななか、警視庁組織犯罪対策2課は23日までに、道端を夫と共謀して知人男性から現金35万円を脅し取った恐喝容疑で書類送検していたことがわかった(その後、嫌疑不十分で不起訴)。

 これを受け、所属事務所は「夫と共謀した事実がなかったと検察が判断したということで、『疑い』は否定されたと思っております」とした上で、今後について「当面は子育てに専念し、関係者の皆様のご理解を得て、しばらくの間、自らを見つめ直す時間に充てさせたい」と発表した。
「不起訴=潔白という理論なのでしょうが、捜査当局が『夫とグル』と判断していたことが重要。イメージダウンは避けられず、テレビなどのメディアが今度、彼女を積極的に起用するとは思えません」とはワイドショー関係者。

 一方で、そんな道端に熱視線を送っているのが、アダルトビデオ業界だ。制作プロダクションの関係者によれば、「すでにアンジェリカ側にオファーを送る準備を進めている」という。

 出演に際しての契約金も破格で、その額は「5,000万円以上を払う価値がある」(前出の関係者)という。

 業界関係者は「スタイルは抜群だし、男性に積極的なタイプと聞いた。一連の事件は被害者のいることなので擁護はできないが、一報を聞いて想像をかき立てられた男性は多いはず。ナンバー1女優になれる器だ」と絶賛する。

 本業で今後の苦戦が予想されるなか、5,000万円という金額は道端にとっても魅力的なはず。道端はどのような決断をくだすのか、注目が注がれている。

最終更新:2019/10/25 17:55

道端アンジェリカが書類送検であの業界から熱烈ラブコール「5000万円の価値がある!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真