日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 橋本マナミ、“フェラ講座”に騒然

橋本マナミ、美容雑誌で披露した“フェラ講座”がいやらしすぎて騒然「狙ってるとしか……」

アービング芸能プロダクション公式サイトより

 橋本マナミのエロ展開が再加速中だ。しかも、意外なところで……。

 “国民の愛人”としてブレイクした橋本だが、活躍のフィールドが女優メインになってからは、過激な言動は控えめになっていた。

 しかし、このところは自身のインスタグラムでセクシーショットを連発。ウエストあたりまであらわになった”美背中ショット”や、胸元があらわとなった姿を披露するなど、セクシー売りを再開させている。

「最新の投稿では、『ちゃんと週一でいってましたよ 今週末のグラビアに向けて追い込み!』のコメントと共にトレーニング中の動画を公開。尻高四つん這いポーズで何度もダンベルを持ち上げているのですが、カメラはゆっくりと彼女の背後に……。プリッと丸みを帯びた美尻をいやらしい角度で堪能できる大サービスぶりでした。パンティラインが見えないことから、ノーパンだった可能性もあります」(週刊誌記者)

 そんな彼女が、なんと一流美容雑誌でトンデモナイ痴態をさらしていたというのだ。

「10月20日に配信された『VOCE』(講談社)WEB版の『橋本マナミのケチンボ美容 ペットボトルをくわえて……ほうれい線を撃退!』の記事は衝撃的でした」と言って、週刊誌記者が続ける。

「お金をかけなくてもキレイになれる【橋本マナミのケチンボ美容】が紹介されているのですが、そこで橋本はほうれい線をケアするためにペットボトルを口に含んで10秒間キープする美容法を実践しています。その画像がとにかくエロいんです」

 そこで橋本は、谷間を露出させながら、ペットボトルの飲み口に尖らせた舌をセット。続いて『お口のほうから、迎えに行ってあげて……、パクッとくわえるの』と、チロリと舌を出してうっとりとそた表情で目をつぶっている。

「そして、のど奥までペットボトルを頬張るカットでは、『ほっぺたが凹むくらい力強く吸うのがコ・ツ! あああ、もうこれ以上、吸えないわーーーー!』とアドバイス。最後の『しっかりくわえて、ギューッていっぱい吸っちゃったら、かなりアゴとほっぺたが疲れたよー!』のコメントは“狙っている”としか思えません。美容というより、完全に『フェラ講座』です。タイトルの『ケチンボ』が『チン〇』と錯覚させられたほどです(笑)」(前出の記者)

 美容記事ですら興奮させるとは、さすがは”国民の愛人”と称される橋本。願わくば、男性の目が届く場でお願いしたいもの?

最終更新:2019/10/30 10:30
こんな記事も読まれています

橋本マナミ、美容雑誌で披露した“フェラ講座”がいやらしすぎて騒然「狙ってるとしか……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真