日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 中田英寿がJFAと距離を置く理由

FIFAでは大活躍も……中田英寿がJFAと距離を置く理由とは?

文=TV Journal編集部

中田英寿

  元日本代表MF中田英寿氏が10月31日、公式インスタグラムを開設。「スイス・チューリッヒで行われた国際サッカー評議会(IFAB)の会議に出席」というコメントと共に、3枚の画像がアップされた。

 現役引退後も何かと話題に上ることが多い中田氏だが、それは日本だけの話ではない。たとえば、今年のバロンドール(仏サッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設したヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞)候補に韓国のソン・フンミンが選出されているが、同誌は韓国サッカー界のレジェンド、パク・チソンではなく「中田を思い出す」という見出しの記事を掲載。というのも、中田氏はバロンドールの対象が欧州出身選手以外にも広がってから初めてリストに名を連ねた選手だからだ。

 2017年にはアジア代表としてIFABの諮問委員に任命され、FIFAからは「バロンドール授賞式」や「ベストイレブン表彰式」のプレゼンターとしても招集されるなど、すっかり“日本の顔”となっている中田氏だが、なぜか日本サッカー協会(JFA)関連で名前が挙がることはない。いったいなぜなのだろうか? サッカー関係者に訊いた。

「まず前提として、村井満氏が14年にチェアマン就任後、Jリーグがベンチャー企業のように柔軟になってきているのとは対照的に、JFAは膠着し、お役所化しています。15年にFIFAから組織の不透明さを指摘され、やっと会長選挙を取り入れたくらいですから。そんな中、中田氏は08年6月に有名選手を集めてサッカー親善マッチ『+1 FOOTBALL MATCH』を主催。日産スタジアムに6万人以上を集めるビッグイベントとなりましたが、これが『チャリティーという表看板とは裏腹に、かなりの収益を上げた』としてJFAの逆鱗に触れた。この件がきっかけで、JFAは中田氏と距離を置くようになりました」

 10年3月には、当時日本代表監督だったザッケローニ氏と中田氏の対談がTBSの企画で実現したが、その際、JFAハウス(日本サッカー協会ビル)が使わせてもらえなかったり、22年サッカーW杯招致のアンバサダーに名前が挙がるも、JFA側がNGを出したと伝えられたこともあった。

 また、中田氏が対談番組などに出演すると、共演者から「協会(JFA)と仲が悪いから」などとイジられる姿もよく見かける。

「中田氏サイドはJFAとの確執について何も口にしませんが、『現役時代の知人に著名な監督が多くいるので、(JFAが)言ってくれれば交渉するのに』とこぼすなど、やきもきしている様子。ただ、JFAと関わらなくても活動の場はいくらでもあるわけですから、わざわざ自分から関係修復に動くつもりもないのでは?」(同)

 日本のサッカー発展のために存在しているはずのJFAが、職員のプライドのために、中田氏の存在を無視する――。なんとも日本のお役所らしい組織である。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2019/11/03 14:00

FIFAでは大活躍も……中田英寿がJFAと距離を置く理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真