日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 日刊スポーツがスベリまくり!
熱血!”文化系”スポーツ部

ラップ調、ニックネーム……日刊スポーツ「侍ジャパン記事」がスベリまくり!

市民権を得た「アップルパンチ」はガン無視

 愛称なのに長すぎる、という減点要素はいったん、置いておこう。プレースタイルが連想しにくい、という減点要素もあるが、ひとまず忘れよう。それ以上にこのニックネームが問題なのは、外崎であれば「アップルパンチ」というすでに市民権を得ている愛称があるにもかかわらず、それを無視していること。ファンが親しみを込めて使う呼び名をないがしろにするって、一体なんなのだろう?

 前述した『世界陸上』のニックネームをどのようにつけているのか、以前、陸上中継に携わるTBS局員に話を聞いたことがある。パッとすぐ思いつくものもあれば、なかなかしっくりくるものがなく、何度も企画会議にかけ、実際にその呼び名を叫ぶことになるアナウンサーとも協議を重ねながら、ようやくひとつのニックネームが生まれることも……といった“生みの苦しみ”について語ってくれた。

 一方のニッカンはどうだろう? これ、明らかに野球をよくわかっていない記者に「オフシーズンだから、ちょっとやってみろ」と書かせたようにしか思えないのだ。仮に野球取材歴の長い記者だとしたら、その審美眼を疑わざるを得ない。と同時に、 “世界野球”と銘打った大会への報道姿勢として、あまりにも失礼ではないだろうか。

 先日閉幕したラグビーW杯があれほど盛り上がったのは、世界最高の技とパフォーマンス、本気のぶつかり合いという「ラグビー最高峰の面白さ、素晴らしさ」をそのまま味わうことができたからだ。

 超一流アスリートの本気のパフォーマンスは、ヘタな脚色も味付けも一切不要。最高の食材はそのまま味わうのが一番うまい、という日本料理を堪能するような喜びがあった。

 そんなスポーツ本来の楽しみ方を知った直後に、この記事ですか……。世間とのズレこそが、一番の問題点なのかもしれない。

(文=オグマナオト)

最終更新:2019/11/07 14:35
12

ラップ調、ニックネーム……日刊スポーツ「侍ジャパン記事」がスベリまくり!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真