日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 竹内涼真主演作に上野樹里

竹内涼真に強力援軍!? TBS日曜劇場での初主演作に上野樹里、鈴木亮平がワキ固める

文=田中七男

竹内涼真

 来年1月期、TBSの看板ドラマ枠・日曜劇場でオンエアされる『テセウスの船』で、竹内涼真がゴールデン・プライム帯の連ドラで初主演することが決まっているが、強力な“援軍”を得ることがわかった。

 同ドラマは警察官の父親が平成元年に犯人として逮捕された殺人事件のナゾを追う青年・田村心(竹内)が、昔の事件現場に向かうと、事件直前の31年前にタイムスリップし、「過去を変える」というタブーに挑もうとする物語。

 その“過去”での父・佐野文吾役に鈴木亮平、母・佐野和子役には榮倉奈々が決定。そして、心の妻・田村由紀役に上野樹里が起用されることが決まったのだ。

 竹内と両親役との実年齢差は鈴木とは10歳、榮倉とは5歳でかなり違和感があるが、あくまでも“過去”での話。上野は実年齢では竹内の7歳上で、姉さん女房となる。

「日曜劇場には硬派のドラマファンがついているので、そういった層を納得させるだけのストーリー、演技力が必要です。また視聴率的には2ケタ突破がノルマであり、若手の竹内では荷が重いのでは? との見方もありました。鈴木は昨年の大河ドラマ『西郷どん』で主役を張って以来、約1年ぶりのドラマ出演になりますから。鈴木に人気があるかどうかは別として、視聴者側に『久しぶりに見たい』との動機付けにはなるでしょうね」(テレビ誌記者)

 そして、なにより竹内を強力にサポートしそうなのが上野の存在なのだという。

「かつての上野は若くして、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の主演に抜擢を受けたこともあり、撮影現場での態度はごう慢で、業界、共演者受けは最悪でした。ところが、結婚して性格も丸くなったようです。なんといっても、確かな演技力と“数字”をもっている点が大きいですね。昨年7月期にヒロイン役で出演した『グッド・ドクター』(フジテレビ系)では、“賞味期限切れ”とも称されていた主演の山崎賢人を支え、“死に枠”といわれていた木10枠で、平均11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)の高視聴率をアシスト。

 そして、7月期に主演した『監察医 朝顔』(同)は12.6%をマーク。今や上野は“数字が獲れる女優”として業界評がグッと上がっています。『テセウスの船』では、特別出演の形なので、出演シーンが少ないのかもしれませんが、竹内にとっては強力な援軍になるはずです」(スポーツ紙記者)

 “時期尚早”ともいわれていた日曜劇場での竹内での主演だが、豪華脇役陣がキャスティングされたことで、明るい光が見えてきたようだ。

最終更新:2019/11/07 21:45

竹内涼真に強力援軍!? TBS日曜劇場での初主演作に上野樹里、鈴木亮平がワキ固めるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

「企画はシンプルなほうがいい」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真