日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 重盛さと美に「枕疑惑」が再燃

重盛さと美に“枕疑惑”が再燃! 『水ダウ』の問題発言と坂口杏里の暴露がつながった!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

アヴィラ公式サイトより

 タレントの重盛さと美が11月6日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で語った何気ないコメントに、視聴者は芸能界の「闇」を感じたようだ。

 番組では、安田大サーカスのクロちゃんが16名の“女性アイドルの卵”からメンバーを選抜して、女性アイドルグループをプロデュースする新企画がスタート。

「プロデューサーという立場を使って女性たちにボディタッチを連発するクロちゃんに、スタジオゲストの重盛は『やっぱ芸能界生き延びるためには、エロい人や悪い人にも好かれないといけない。どんな厳しい世界でも生き延びていかないといけないので、これで生き残った女の子はホントにやっていけるんじゃないかな』と意味深コメント。これに一部の視聴者からは、『枕をしてきたってこと?』『さらっと芸能界の闇を語った』などと、驚きの声が上がりました」(週刊誌記者)

 この発言を受け、重盛と同じ事務所に在籍していた後輩の坂口杏里が10月30日に自身のYouTubeチャンネルを更新した内容がクローズアップされているという。

「坂口は『私がドン引きした芸能人○○さんについて語ります』というタイトルの動画をアップ。それによると、自分と数カ月差で前事務所に入った女性タレントが、前事務所社長にスマホ代を支払ってもらっていたり、その事務所社長がヘアアイロンを温めたりといった雑務をしていたことに絶句したそう。また、その先輩タレントからは敵対心を持たれ、あることないこと言われたとも暴露。重盛は事務所で一番の売れっ子でしたし、坂口がホストクラブ通いで借金した際に重盛がテレビで語った話を、『さすが腹黒いや』とツイッターで批判していました。別日の動画では『結構たぶん枕してると思う。お気にいられたアイドルは、食われてると思う』と、権力者と関係を持っている女性タレントがいることを匂わせていますし、『水ダウ』発言で点と点がつながったことで、ネット上では重盛の下半身にも注目が集まっています」(前出の記者)

 重盛がどうやって「エロい人」に好かれてきたのか、気になるところだ。

最終更新:2019/11/08 10:30

重盛さと美に“枕疑惑”が再燃! 『水ダウ』の問題発言と坂口杏里の暴露がつながった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真