日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 熊田曜子ドローン資格に冷めた声

熊田曜子、「またなんかのステマ?」ドローン操縦資格を取得も唐突すぎて冷ややかな声

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:熊田曜子(@kumadayoko)より

 熊田曜子がドローン操縦士の資格を取得したことを報告し、注目が集まってる。

 3児の母でありながら、グラビアアイドルとしても現役で活躍している熊田。そんな熊田だが6日にインスタグラムを更新し、「DPAドローン操縦士協会が定めるドローン操縦士回転翼3級の資格を取得したよ」と報告。実際に熊田がドローンを操縦しているい写真や、講義を受けている際の写真を披露した。

 熊田は都内で実技と講義を受けたことを明かし、「日を重ねるごとに操縦が難しくなっていってドローンの奥深さを実感」「自分の思う通りに操縦できると楽しくてわくわくした~」とドローンの魅力を語った。現在は認定証が手元に届いたといい、「早く操縦したいなぁ」とつづっていた。

 この投稿に熊田のインスタグラムには、「すごい!ドローンの撮影動画楽しみにしてます!」「素敵な写真のアップ待ってますね」といった声が集まっていたが、一方ネットからは、「話題作り?」「スクールから依頼されて取得した感がある…」「なんかのステマですか?」「すごいでしょ?って言ってもらいたいのみえみえ」という声も集まっていた。

 努力して勉強した末の資格取得のようだが、わざわざ報告するという行為に疑問を抱いたネットユーザーもいたようだった。

 

最終更新:2019/11/09 06:00

熊田曜子、「またなんかのステマ?」ドローン操縦資格を取得も唐突すぎて冷ややかな声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真