日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 浦和、ACL敗戦の戦犯は?

浦和レッズ、アジア制覇に黄色信号! アルヒラルに痛恨の敗戦、戦犯は誰?

文=TV Jorunal編集部

浦和レッズ公式サイトより

 アウェイの地、サウジアラビアで行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦でアルヒラルに0-1で敗れた浦和レッズ。ホームで行われる第2戦に2点差以上で勝利すれば文句なしに優勝となるのだが、今回の敗戦は痛恨だとサッカーライターは明かす。

「今季の浦和レッズは、J1リーグ戦で31点しか奪えていない。これはワースト3に入る数字です。そんな攻撃力のなさでもACLを勝ち進めたのは、耐えに耐えてカウンター一発で得点してきたから。第2戦、アルヒラルは得点を奪う必要がないので、前に出てこない。カウンターしか策のない浦和がアクションを起こし、得点を取れるか微妙すぎます」

 確かに第1戦は、立ち上がりからアルヒラルに8割ボールを持たれながらも、17分には関根が決定的なシュートを放つ。このゴールが決まっていれば、いつものパターンに持ち込めたかもしれない。しかし、いつものカウンター一発が決まらないと、後半は防戦一方に。60分にアルヒラルに先制点を奪われてからは、シュートチャンスどころか、攻撃もままならなかった。得点を奪えないことよりも、ゴールを守れなかったことのほうが問題といえるかもしれない。では、今までは耐えてきた守備陣が、なぜこの試合では完封できなかったのか?

「ゴールシーンを見れば一目瞭然ですが、GKの判断ミスです。日本はGKに優しいところがあり、失点をGKのミスとして糾弾しない風潮があります。以前はGKを厳しく批評するメディアもありましたが、日本が初のワールドカップ出場をつかんだ1998年頃に、川口能活氏が旧知のライターにGK批判記事への激しい不満をぶつけ、それをファンが支持したこともあり、メディアも弱腰になっている。批判が必要というわけではなく、厳しい批評の目にさらされてプレーすることで、プレッシャーに耐えられるようになる。ポジションは違いますが、本田圭佑が最たる例ですよね」(同)

 確かに、J1リーグのGKは外国人に頼っているのが現状だ。1億円を超える年俸を手にしている名古屋グランパスのミチェル・ランゲラック、川崎フロンターレのチョン・ソンリョン、セレッソ大阪のキム・ジンヒョンをはじめ、3分の1以上のJ1チームのGKが外国籍選手である。そういった状況だけを見れば、日本人GKのレベルが下がっているのは、甘い空気に慣れたからともいえるかもしれない。

 第1戦敗戦後、GK福島春樹は「予測不足で僕の判断ミス。経験も足りなかった。どっしり構えれば失点は防げた」と自戒も含め、ミスを認めている。選手に厳しい舞台での経験を積ませるためにも、メディアは厳しく批評すべきだろう。

(文=TV Jorunal編集部)

最終更新:2019/11/12 11:56

浦和レッズ、アジア制覇に黄色信号! アルヒラルに痛恨の敗戦、戦犯は誰?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真