日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 浦和、ACL敗戦の戦犯は?

浦和レッズ、アジア制覇に黄色信号! アルヒラルに痛恨の敗戦、戦犯は誰?

浦和レッズ公式サイトより

 アウェイの地、サウジアラビアで行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦でアルヒラルに0-1で敗れた浦和レッズ。ホームで行われる第2戦に2点差以上で勝利すれば文句なしに優勝となるのだが、今回の敗戦は痛恨だとサッカーライターは明かす。

「今季の浦和レッズは、J1リーグ戦で31点しか奪えていない。これはワースト3に入る数字です。そんな攻撃力のなさでもACLを勝ち進めたのは、耐えに耐えてカウンター一発で得点してきたから。第2戦、アルヒラルは得点を奪う必要がないので、前に出てこない。カウンターしか策のない浦和がアクションを起こし、得点を取れるか微妙すぎます」

 確かに第1戦は、立ち上がりからアルヒラルに8割ボールを持たれながらも、17分には関根が決定的なシュートを放つ。このゴールが決まっていれば、いつものパターンに持ち込めたかもしれない。しかし、いつものカウンター一発が決まらないと、後半は防戦一方に。60分にアルヒラルに先制点を奪われてからは、シュートチャンスどころか、攻撃もままならなかった。得点を奪えないことよりも、ゴールを守れなかったことのほうが問題といえるかもしれない。では、今までは耐えてきた守備陣が、なぜこの試合では完封できなかったのか?

「ゴールシーンを見れば一目瞭然ですが、GKの判断ミスです。日本はGKに優しいところがあり、失点をGKのミスとして糾弾しない風潮があります。以前はGKを厳しく批評するメディアもありましたが、日本が初のワールドカップ出場をつかんだ1998年頃に、川口能活氏が旧知のライターにGK批判記事への激しい不満をぶつけ、それをファンが支持したこともあり、メディアも弱腰になっている。批判が必要というわけではなく、厳しい批評の目にさらされてプレーすることで、プレッシャーに耐えられるようになる。ポジションは違いますが、本田圭佑が最たる例ですよね」(同)

 確かに、J1リーグのGKは外国人に頼っているのが現状だ。1億円を超える年俸を手にしている名古屋グランパスのミチェル・ランゲラック、川崎フロンターレのチョン・ソンリョン、セレッソ大阪のキム・ジンヒョンをはじめ、3分の1以上のJ1チームのGKが外国籍選手である。そういった状況だけを見れば、日本人GKのレベルが下がっているのは、甘い空気に慣れたからともいえるかもしれない。

 第1戦敗戦後、GK福島春樹は「予測不足で僕の判断ミス。経験も足りなかった。どっしり構えれば失点は防げた」と自戒も含め、ミスを認めている。選手に厳しい舞台での経験を積ませるためにも、メディアは厳しく批評すべきだろう。

(文=TV Jorunal編集部)

最終更新:2019/11/12 11:56

浦和レッズ、アジア制覇に黄色信号! アルヒラルに痛恨の敗戦、戦犯は誰?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

やさぐれキャラ・納言の戦略

「神田の女はすぐ金券ショップに入るなあ!」 ――タバコ。ライダースジャケット。そして、東...
写真