日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SixTONES、Snow Manと格差

SixTONES、デビュー曲にYOSHIKIが強力援軍で、Snow Manとの人気格差がくっきり

SixTONES

 その差は埋まるのか?

 ジャニーズの人気グループ・SixTONESのホールツアー『Rough”xxxxxx”』(ラフスト)が19日に東京国際フォーラムで開催。そこで来年1月22日にデビュー曲を、X JAPANのYOSHIKIが手掛けたことがファンに報告された。

「どうやらツアー名が“匂わせ”だったようですね。YOSHIKIのジャニーズへの楽曲提供は初で、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長の直談判で実現。最初は多忙から断るつもりでいたYOSHIKIも、『滝沢さんの熱心な思いに心を打たれた』と、楽曲提供およびプロデュースを引き受けることにしたと、コメントしています」(音楽ライター)

 そんなSixTONESと同時デビューが決まっているのがSnow Man。しかし、早くも人気の面では大差がついてしまっているようだ。

「2組のファンクラブが発足され、20日に募集が始まりました。人気の差を把握するために注目されていたのが会員数。会員番号で差がわかるだけに、SNS上ではファンが現状をリアルタイムで報告していました。それによると、徐々に差が開きはじめ、16時過ぎの情報ではSixTONESが1万5,000超え、対するSnow Manが8,000超えだったといいますから、ほぼダブルスコア。このままでは、デビュー曲でSnow Manのメンツが立たない状況も予想されます」(週刊誌記者)

 巻き返しを図るには、Snow ManのほうにもYOSHIKI級の大物サポーターが欲しいとところだが……。

「以前、昨年引退した安室奈美恵に滝沢氏が直々にジャニーズJr.のプロデューサー就任を打診しているとの噂が広まっていたんです。安室の引退ライブには山下智久が出演したように、安室とジャニーズの関係は良好で、滝沢氏ももちろん交流がある。Snow ManはSixTONES以上に滝沢氏のお気に入りですから、巻き返しのためにも超ド級のサプライズが用意されているかもしれません」(前出・芸能関係者)

 二組のファンクラブを掛け持ちしている人も多いだけに、どちらが勝つにしろ、デビュー曲の結果は「僅差」がファンの理想だろう。

最終更新:2019/11/21 13:18

SixTONES、デビュー曲にYOSHIKIが強力援軍で、Snow Manとの人気格差がくっきりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真