日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 小室圭氏は眞子様の相手として合格
整体師が注目人物の骨格と筋肉を丸裸にする短期連載【1】

小室圭さんはよく働きよく稼ぐ男、ディズニープリンス顔は眞子さまの相手として不足なし!?

小室圭さん

いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイドショーやウェブニュースを振り返り、特に世間を賑わせた男性有名人の”体”に着目してみようという本連載。その「身体」から魅力を再発掘すべく、都内で整体院を営み、自身を「無類のカラダオタク」と言って憚らない美人整体師・整針子先生が、殿方たちの骨格と筋肉を丸裸にします。

***

 ルッキズムという言葉がありますよね。いわゆる容姿差別というやつです。私としては、もちろんそういった発想には大反対。ですが、頭(顔)を含めた”身体”には人それぞれの個性があるのも事実ですし、話すよりも顔や体を見ることでその人がどういう生活、どういう生き方をしているのかが分かる時もあるのです。だから私は何より人の身体性に非常に興味があり、”カラダオタク”を自称しています。

 そんなオタクであるところの私が、世間で活躍する男性の体からその人の魅力を再考察していこうというのがこの連載の趣旨になります。

 というわけで第一回目は、2017年に眞子内親王(以下、眞子様)と結婚内定会見を行いながら、さまざまなトラブルによって2020年まで結婚が延期になってしまった小室圭さんを取り上げたいと思います。

 先に申しておきたいのは、私個人は思想的に右でも左でもありません。本当に人の身体にしか興味がないので。

 で、この小室さんですが、週刊誌やウェブニュースでさまざまなお写真を拝見しました。一般人とはいえ、眞子様の婚約者ということでマスコミに追いかけられてさぞ大変かと思います。お母様とのツーショット写真もありましたが、まあ~骨格がうりふたつ。胸元の骨の感じがそっくりです。やっぱり身体性って遺伝するんですよね。芸能事務所の方が若いタレントをスカウトするときは、必ず親御さんにも会うんだそうです。親御さんの体つきを見れば、その子が将来どれくらい身長が伸びるか、太りやすいか否かがだいたい分かってしまいます(もちろん例外もありますが)。

 さらに、かの有名な小室さんの「肩抱き写真」からも読み取れることがあります。「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された、女性の肩を抱いている写真ですね。これを見るに、薬指が長い。他のお写真でも確認しましたが、割と長い方だと思います。一説には薬指が長いと男性ホルモンがよく出るといわれ、経営者・消防士・俳優などにこのタイプが多いのです。俳優さんに多いのはやはり「男性的な魅力」を求められることが多いからだと思います。

 最近のお写真を拝見すると、2017年の記者会見時とは少々顔つきが変わってきましたよね。眞子様と小室さんの結婚に反対の方の中にはこれに対して、「影武者だ」なんだと陰謀論を唱える方もいるようですが、バカバカしいですね。人間の顔というのはそもそも変化していくものですし、男性の顔は特に年齢に比例してどんどん伸びていくものなのです。先ほど申した通り、小室さんは特に男性ホルモンが多いと見受けられるので、余計に顎ががっしりと発達して、鼻も分厚くなってきている気がします。そのことを「劣化」という人もいますが、私としては年相応の変化だと考えます。

12

小室圭さんはよく働きよく稼ぐ男、ディズニープリンス顔は眞子さまの相手として不足なし!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真