日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 中居正広、プレミア12で最悪評価

中居正広、プレミア12で現場の評価は最悪…侍ジャパンから“NG指定”もあり得る状況に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

中居正広

 侍ジャパンの初優勝で幕を閉じた野球の国際大会「プレミア12」だが、大会期間中、テレビ朝日とTBSの生中継に「侍ジャパン公認サポートキャプテン」の肩書を与えられた元SMAPの中居正広が出演し続けた。

「狙っていたTBSの五輪中継キャスターの座はゲットできなかった中居だが、なんとしても五輪の野球中継のキャスターの座はゲットしたいところ。大会の規模は違えど、今回は五輪に向けての“予行演習”のはず。しっかり気を引き締めて臨んでいるのかと思われたのですが、現場の評価は正直なところ最悪でしたね」(スポーツ紙記者)

 大の巨人ファンで、芸能界の中でも飛び抜けた“野球愛”の持ち主として知られる中居だが、今回の仕事は“やっつけ感”が目立ってしまったというのだ。

「すでに一部メディアで報じられていますが、練習試合のカナダ戦前は自分も円陣に入れるように要求したり、長時間にわたって中抜けしたり、さらにはトイレでの喫煙疑惑も浮上。記者のみならず、侍ジャパンの選手やスタッフの間にもその話は知れ渡っています」(同)

 今年7月に亡くなった、中居にとっての“育ての親”であるジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏は、来年の東京五輪で1人でも多くの自社タレントが仕事に絡むことを切望していたと言われている。ジャニーズの力を持ってすれば、中居をねじ込むことぐらいたやすいかと思われていたのだが……。

「ジャニーさんの死後、テレビ各局の態度も明らかに変わって来ている。今回の中居の仕事ぶりを受け、侍ジャパン側が中居の起用にNGを突きつける可能性も十分にある。中居に『やらかした』という自覚があれば、挽回する機会がほしいところだが、もはや、その機会も見当たりません」(同)

 大会自体に緊張感がなく、観客動員も苦戦していたが、中居はすっかりその緩んだ空気に“感染”してしまったようだ。

最終更新:2019/11/28 11:52

中居正広、プレミア12で現場の評価は最悪…侍ジャパンから“NG指定”もあり得る状況にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真