日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 中居正広でTBSが究極の選択へ

中居正広の2020年問題が勃発! 視聴率で民放4位に転落危機のTBSが迫られる”究極の選択”

 決戦は金曜日――。

 民放各局の10月改編が出そろったが、目につくのは長らくTBSの独壇場となっている金曜夜の「TBS包囲網」だ。テレビ誌ライターが言う。

「TBSの金曜ゴールデン帯は、19時『爆報!THEフライデー』、20時『ぴったんこカン★カン』、21時『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』という安定して視聴率2ケタを取る人気番組の3階建てで盤石。そこへ、他の民放4局が計8本の新番組や枠移動で、牙城に食い込もうとしているのが現状です」

 なかでも、大改革に踏み切っているのがテレビ朝日。ここ数年、“打倒日テレ”の編成バトルが繰り広げられてきた日曜夜は、『ナニコレ珍百景』『ポツンと一軒家』の躍進で牙城を崩すことに成功。

 次の舞台を金曜夜に定め、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』という2大国民的アニメを土曜に移してまで、19時『ザワつく!金曜日』(枠移動)、20時『マツコ&有吉 かりそめ天国』(枠移動)、21時『ミュージックステーション』(枠移動)と3本の人気番組を引っ越しさせている。とりわけ『ミュージックステーション』は1986年の番組開始以来、初の枠移動だ。 

 こうした状況を前にして来年、TBSは頭を抱える大問題が起きると指摘されている。それが『中居正広2020年問題』だ。

「中居は東京五輪キャスターを外されたことで、来年のジャニーズ事務所退所は決定的となっています。毎週ジャニーズグループが出演する『Mステ』が初の枠移動となったのも、ジャニーズが中居の『金スマ』を潰すために先手を打ったと言われている。対するTBSでは、人気番組の『消えた天才』『クレイジージャーニー』が立て続けにねつ造が発覚。小川彩佳を迎えてリニューアルした『news23』も視聴率は3~4%と低迷しており、このままでは日テレ、テレ朝に次ぐ民放3位の座も危うい。そんななかでは“金曜3本柱”の『金スマ』を打ち切るわけにはいかない状況で、もし中居が退所した場合は、ジャニーズの反目となってまで番組を続けるのか、民放4位転落しようともジャニーズに忖度するのか、究極の選択を迫られそうです」

 TBS対テレ朝はやがて、TBS対ジャニーズへと発展するかもしれない。

最終更新:2019/09/23 12:00
こんな記事も読まれています

中居正広の2020年問題が勃発! 視聴率で民放4位に転落危機のTBSが迫られる”究極の選択”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真