日刊サイゾー トップ > その他 > おたぽる  > 『ドラえもん』0巻が売れすぎ
【おたぽる】

『ドラえもん』0巻が売れすぎてヤバイ 初期のドラえもんの魅力は「キャラが固まってない雰囲気」

【おたぽるより】

『ドラえもん 0巻』(てんとう虫コミックス/小学館)

 売れすぎてヤバイ。小学館のてんとう虫コミックスで『ドラえもん』の23年ぶりになる単行本新刊「0巻」が発売され、書店での完売が相次いでいるという。

 てんとう虫コミックス版の『ドラえもん』は45巻で完結していた。そこに今回、連載スタート時の幼児雑誌、学年誌などに掲載された6種類の第一話などを収録した0巻が加わった。単行本では関連する連載予告なども収録。『ドラえもん』が『ウメ星デンカ』にかわって連載が始まったことや「ゆかいなまんが」など、今では古めかしくなったキャッチなどもそのまま収録されている。

 テレビ放送は長らく定着していた金曜日午後7時から移動し、いよいよ人気にも陰りが出ているのかと思いきや、そんなことはない。11月8日に0巻の発売が告知されると予約が殺到。発売前に2回の重版を行うという、今世紀に入ってから初めての措置が取られたのである。

 長年『ドラえもん』に親しんでいるファンにはおなじみだが、初期のドラえもんは現在親しまれているスタイルに比べるとキャラが固まっていないのが特徴である。なにしろ、ドラえもんの体型もずんぐりむっくりとしており、けっこうな違和感がある。その藤子先生もまだ迷っている感が出ているのが、なんとも興味深い。

 F先生もA先生も最近は様々な形で単行本が出版されている。とはいえ、やはりもっとも親しみがあるのは、てんとう虫コミックスのはず。これを機会に『ドラえもん』の単行本を全巻揃えてもいいかも知れない。なにしろ全46巻だから、そんなに場所も取らないと思うし。
(文=昼間 たかし)

最終更新:2019/12/03 10:57
関連キーワード

『ドラえもん』0巻が売れすぎてヤバイ 初期のドラえもんの魅力は「キャラが固まってない雰囲気」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真