日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 国分太一、需要なしで転落必至

国分太一「テレビ番組出演本数」で価値なき6連覇? 需要なく来年は転落必至か

文=田中七男

TOKYO・国分太一

 TOKIO・国分太一が、メディアの調査・分析を行うニホンモニター社の「2019タレントテレビ番組出演本数ランキング」(同1月~11月)男性部門で6連覇を果たしたが、お先は真っ暗だ。

 国分は出演本数604本で、2位のバナナマン・設楽統の526本に大差をつけたが、2018年の国分663本(1位)、設楽563本(2位)に比べれば、その差は大きく縮まった。

『ビビット』(TBS系)、『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)と2本の帯番組のレギュラーを持っている国分は、同ランキングで絶対的な強さをみせてきたが、これまでとは事情が違う。

「長年低視聴率に沈んでいた『ビビット』が9月いっぱいで打ち切りとなったことが主な原因で、国分の出演本数は昨年より59本減りました。そもそも国分に“需要”があるとは思えず、新規にレギュラーが増える可能性は低い。来年、本数が激減するのは間違いない。6年連続2位の設楽も、『消えた天才』『クレイジージャーニー』(共にTBS系)が不適切な演出が原因で、番組が終了した影響もあって、本数が減りましたが、『ノンストップ!』(フジテレビ系)を降板にならないかぎり、国分を抜くのは確実。18年に4位(492本)だった博多華丸・大吉の大吉が、今年は512本と猛追して3位となり、設楽に肉薄しました。大吉は帯番組『あさイチ』(NHK総合)のレギュラーをもっているので、来年は設楽と共に1位候補と言えそうです」(芸能記者)

 国分が現在レギュラー出演している番組は『おさんぽジャパン』のほか、『男子ごはん』『たけしのニッポンのミカタ!』(共にテレビ東京系)、『世界くらべてみたら』(TBS系)の4本。TOKIOの番組として『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)と『TOKIOカケル』(フジテレビ系)があるが、いずれの番組でも存在感を放っているわけではなく、出演本数が伸びるとは思えない。

 もし『おさんぽジャパン』まで打ち切りなんてことになれば、たちまち“売れないジャニタレ”に転げ落ちるのは必至だ。

最終更新:2019/12/09 15:14

国分太一「テレビ番組出演本数」で価値なき6連覇? 需要なく来年は転落必至かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真