日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沙也加離婚の裏で聖子の加齢が深刻

アンタッチャブル復活の裏側、松田聖子の加齢が深刻……週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

この写真の撮り直しも間近!?(人力舎公式HPより)

アンタッチャブル復活、柴田が山崎に追いついた!?

デスクH  アンタッチャブルが電撃復活したね! 柴田がジャケットを脱ぎ捨ててザキヤマに一礼してから漫才始めたシーン、何度見ても胸アツだなぁ(参照記事)。 

記者I  『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)の柴田が出演する回では、ゲストが好きな芸人としてアンタッチャブルの名前を挙げ、MCの有田哲平が「そうおっしゃると思って、今日は柴田さんの相方をお呼びしました」と偽ザキヤマを呼ぶのがお決まりとなっていたんですが、今回はまさかの本人登場。「うわーーー! バカ、ダメだって!」と床に倒れ込み、「この番組でやんの?」と慌てふためく柴田ですが、即座に「よっしゃー!」と切り替え、10年ぶりの漫才スタート。震えましたね!

デスク しかもさ、今回披露したネタはザキヤマが芸人として踏みとどまる転機となったと語る、2003年の『M-1』で披露したファストフード店だったんだよね。途中で「いいかげんにしろ!」とツッコんで漫才を締めようとした柴田を、ザキヤマが「まだまだ」と引き留めて漫才を続けたところもまたよかった!! 

記者 2010年、柴田が女性トラブルを報じられるなどして約1年間休業して以降、アンタッチャブルはコンビ活動を停止。真面目な性格の山崎は、スキャンダル体質の柴田のことが許せず、「復帰するのはいいけど、コンビとしての活動はしない」と明言していたとか。しかし、ここ数年、BSや地方局を含め、テレビ出演もじわじわ増やしてきた柴田とは対照的に、山崎は人気に陰りが見え始めていた。10年という区切りもありますし、コンビ再結成は、双方にとっておいしい話だったんでしょう。

デスク やっぱりさ、年取るとたいがいのことを気にしなくなるっていうか、どうでもよくなっちゃうんだよね。過去のいさかいなんて忘れて、人生を謳歌したほうがいいって気づくっていうか。“変態紳士”でおなじみの高嶋お兄ちゃん(政宏)も言ってたよ!(参照記事)。アンタッチャブルにしても電気グルーヴにしても、いろいろあってもまた一緒にやっていける相棒がいるのって、うらやましいよ! Tクン、これからもよろしくね!!

記者 ……は、はい。

123

アンタッチャブル復活の裏側、松田聖子の加齢が深刻……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真