日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 橋本環奈ドスコイ体形隠しが必死

修整はもう限界!? 橋本環奈「少年マガジン」での”ドスコイ体形”隠しが必死すぎて騒然

ディスカバリー・ネクスト公式サイトより

 “千年に一度のアイドル”がついに復活……はしていなかった?

 女優の橋本環奈が12月4日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)新年1号の表紙を飾った。<君と出会えた奇跡>のタイトルが付けられた14ページにわたる巻頭グラビアでは、タンクトップ&ショートパンツで美肌を見せたカットや、白いワンピース、黒いドレスで大人の表情をのぞかせている。

 橋本といえば、「天使」のような1枚の写真からブレイクしたことが有名。ところが、ここ数年は年々肥大化が進み、いまや完全なドラえもん体形になったともっぱらだった。

「20歳になり毎日お酒を飲んでいるからか、身長152センチにして55キロ以上はありそうです。10月に出演した番組ではドスコイなボディをさらし、中国版Twitter微博では『橋本環奈 腹』が検察トップ10に入っていたほど。顔は相変わらずかわいいのですが、体形はかなりやばい。公の場に出る際には必ず、体のラインが出ないゆったとりした服を着るのが定番になっています」(週刊誌グラビア編集者)

 一部のWebメディアは「“天使な美肌”たっぷり披露」と持ち上げているものの、誌面を見ると現場でのスタッフの苦労がうかがえるという。

「丸まったり、寝そべったり、ひねったり……とにかくおなかを隠すポージングばかり。カメラマンは太ももや二の腕はできるだけ光で飛ばして“脂肪感”を見せないように工夫していますし、ヘアメイクは“触覚”のような前髪で頬のふっくら感を目立たなくしようとしている。しかし、最後のページの右足の足首の太さだけは修整しきれなかったようですね(笑)。彼女のTwitterにアップされる画像では、顔はほっそりとしていていたので、頑張ってやせたのかと思いましたが、どうやら“加工マジック”説が濃厚です」(前出・週刊誌グラビア編集者)

 ネット上では「腹隠しとるやん」「足首ふっと」「かわいいけど、もうこういうポーズしか無理なんだろうな」「修整が効かない体形になったな」などと辛らつな声が飛び交っている。

 もっとも、これでやせたら完全無欠になるだけに、このままのほうが親しみやすくていいのかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/09 15:07

修整はもう限界!? 橋本環奈「少年マガジン」での”ドスコイ体形”隠しが必死すぎて騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真