日刊サイゾー トップ > その他 > おたぽる  > 『アナ雪2』“ステマ騒動” 他作品にも疑いの目
【おたぽる】

『アナ雪2』“ステマ騒動”でディズニーが謝罪「コミュニケーションに行き届かない部分」『アベンジャーズ』にも疑いの目

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

【おたぽる】

『アナと雪の女王2』公式サイトより

 現在公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』(以下、アナ雪2)の“ステマ疑惑”を受けて、5日、映画を配給するウォルト・ディズニー・ジャパンが公式サイトで謝罪した。

 事の発端となったのは、3日の19時頃、Twitter上に『アナ雪2』の感想をまとめた漫画がほぼ同時に複数投稿されたこと。7人の漫画家たちが思い思いの感想を「#アナ雪2と未知の旅へ」というハッシュタグとともに投稿したのだが、その不自然さから「ステマではないか?」という疑惑が浮上した。

 その後、Togetterでもまとめが作成されるなど疑惑はどんどん拡大。批判の声も大きくなり、炎上騒動へと発展した。漫画家たちは、試写会に招待されPRで漫画を描いたが、「PR」の表記が抜けてしまったと次々謝罪ツイートをしたが、その内容が似通っていたことから、「7人も同じPR表記漏れってどう考えてもおかしい」「PR依頼した広告代理店から、PRであることは口止めされてたんだろうな」と、かえって疑念を招く事態に。

『アナ雪2』の国内展開を手掛けるウォルト・ディズニー・ジャパンは、一部メディアの取材に対し、「ステルスマーケティングではないという認識であり、意図して起きたことでもない」と回答。「今回のトラブルについて、公式サイトなどでの発表予定はない」としていた。

 しかし、それが一変。同社は5日、公式サイト上に声明文を掲載し「ご参加いただきましたクリエイターのみなさま、ファンのみなさまに多大なご心配、ご迷惑をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。また、今回の企画について、改めて、「クリエイター7名のみなさまに映画『アナと雪の女王2』をご覧いただき、ご感想を自由に表現いただいた漫画をTwitterに投稿いただく企画」と説明。

「本企画に伴う投稿は、『PR』であることを明記していただくことを予定しておりましたが、関係者間でのコミュニケーションに行き届かない部分があり、当初の投稿において明記が抜け落ちる結果となってしまいました」と経緯を明かしつつ、「今後このような事がないよう、関係者一同、深く反省するとともに、コミュニケーション体制を見直し、再発防止策を講じてまいります」と綴っている。

 しかし、今回の対応には、不信感を抱く人も決して少なくない。当初ディズニーが謝罪の姿勢を見せなかったことや、アメリカでは法律で罰せられており、日本でも景品表示法違反になる可能性も高いステマ行為を「関係者間でのコミュニケーションに行き届かない部分があり」という一文で済ませてしまうディズニー側や広告代理店の対応は、あまりにお粗末だろう。

 今回の騒動を受け、『アベンジャーズ』や『キャプテン・マーベル』など、他のディズニー作品でも同様の他の作品にも疑いの目が向けられている状況だ。

 公開初週に前作の約2倍の興行収入19億円の好スタートをきった『アナ雪2』だが、思わぬところに落とし穴があったようだ。作品はもちろん、ディズニーの企業イメージを大きく損なうこととなった騒動だけに、今後の是正処置に注目が集まる。

最終更新:2019/12/07 05:45

『アナ雪2』“ステマ騒動”でディズニーが謝罪「コミュニケーションに行き届かない部分」『アベンジャーズ』にも疑いの目のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真